『MADMAX カーボン調タンクキャップカバー』

MADMAX カーボン調タンクキャップカバー

タンクキャップの保護やドレスアップのためのステッカー (パッド)。
金額合せに格安のタンクキャップカバーを試しに購入。
貼るだけ簡単カスタム!

※ 個人的な感想です。 参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1-1. ようは中国製ノーブランドだわ

マッドマックス タンクキャップカバー カーボン調

マッドマックス(MADMAX)というブランド名だったけど、いろいろなとこで 300円前後 という破格の値段で販売されてる。

パッケージにはMADMAXの文字は無く、結局のところ、中国製ノーブランドと言っていい品だね。

当然ながら本物カーボンじゃなく、カーボン"調"。 本物カーボンタイプは2000円ぐらいです。


1-2. 初見の品質

表面に気泡

ボルト穴部分が楕円形 になっていたり、 表面クリア層に気泡  がちらほら…。

本物(カーボン)と違って深みがなく、黒色というよりやや灰色 っぽいし。

でも商品レビューには 「安っぽいと思ったけど案外よかった」 とあったので信じて付けてみよう…。


2. 取り付けまーす

2-1. タンクキャップ清掃

マイバリオスのタンクキャップ

余談ですが現状がこれ。 外周は 立体カーボン調シート を自分で切って貼り付け。
内側のキャップ部分は素のまま。 再塗装した方が良さそうな荒れ具合だな。 ボルトはステンレス。

古いステッカーをはがして、キャップ部分を布でゴシゴシ…
脱脂はせず剥がしやすさ重視! (←脱脂すべし!それでも下手すると走行中、部分的に剥がれるから。)


2-2. 貼ったら完成

マッドマックス タンクキャップカバー取り付け完了 失敗

(写真左)、キャップ内側の下部、サイズがちょっと小さいね。下地がはみ出てる。 ボルト穴部分は何とかボルトに当たらないように貼り付けで来ました。

(写真右)、んで、実は失敗。 写真右の通り。   カーボン柄はその向きに注意。
しばらくあとに気付いて貼り直し。  (剥がすときは爪だときつい。 安全ピンなら簡単にめくれる。)


マッドマックス タンクキャップカバー取り付け完了

感想は、なんちゅーか…、すごくカジュアル な感じ…。
カーボン...と言うより 灰色のチェッカー柄。 高級感はない…。

無骨さと相容れない、 綺麗めなカジュアル。
雰囲気、色、ともに浮いてしまい、違和感がタンクの真ん中から噴き出している。

この灰色カジュアルは、赤、青、緑などのカウル付きバイクには合うかもしれないけど、無骨なネイキッドには合わないね。


3. 高級感を出そう

3-1. 塗装で重みを出す

タンクキャップカバーをスモークグレーで塗装

色が軽すぎるから良くないんだ。もっとドレッシーにして高級感を出そう。

Mr.カラースプレー スモークグレーをプシュー、プシュー…… おっ!これはなかなか良いぞ!


外周のシルバー部分もスモークグレーをかけるとガンメタリックになって格好良くなります!
ただし非鉄金属なのでメタルプライマーが必須、今回はそれを切らしていたのでまだらに。
仕方ないので乾いてから爪でこそぎ落としてシルバーに戻しました…。


3-2. 生まれ変わって完成

スモークグレーで高級感の出たタンクキャップカバー

出ました高級感!  本物カーボンに引けを取らない雰囲気!


スモークグレーで高級感の出たタンクキャップカバー2

角度によっては いやらしいほど艶やか。 それが返って良い存在感を放ちます。


スモークグレーで高級感の出たタンクキャップカバー3

数日置いてしっかり乾いたら上に クリアのエナメル塗料で保護層を作ろう
スモークグレーだけでは引っかいたら即下地が露出してしまう。

....と思ってやったら大失敗!


アクリル塗料で失敗

アクリル塗料のクリアを吹いたんだけど、ステッカーが 浮いたり、剥がれたり…
塗装の付きも悪く、スモークグレーと一緒にボロボロ剥がれて下地が露出…。 塗料の相性最悪…

よく考えたら Mr.カラースプレー、プラモ用という事で樹脂との相性は抜群、耐久性も十分あるんだよ。
ってことで同じタンクキャップカバーを買い直し(たったの300円)、スモークグレーだけでとりあえず良しっと。


4. その後...

カバーキャップの塗装ひび、現状

どうも塗装すると少し浮いてしまうんだ。 それを直そうと押し込んだら塗装にヒビ…。 あとしばらく使用しているうちに擦れも出てきた。

でもちょっと離れれば全然分からないし、しばらくはこの状態で使い続けようっと。

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP