『ACデルコ バッテリー』

ACデルコ バッテリー


「ACデルコと言えば安いバッテリー?」ぐらいにしか思っていなかったけど、
前身も含めれば100年以上の歴史を持っているすごいブランドだった。


※ 個人的な感想です。 参考程度にご覧ください。


- 広告 -

ACデルコの歴史

ACデルコの長い歴史について軽く触れましょう。

はじまり


1899年、自転車レーサーだったアルバート・チャンピオンによって設立されたスパークプラグのメーカー、チャンピオン イグニッション社が始まり。 その後、ACスパークプラグ社に。
「AC」はアルバート・チャンピオンの頭文字だよ。

ACデルコと言う名前になったのは1974年、ACスパークプラグ社とユナイテッド デルコ社の提携から。


輝かしい実績


1927年、チャールズ・リンドバーグが大西洋横断飛行を成し遂げた航空機にACスパークプラグの点火プラグが採用された。


1932年、アメリア・イアハートが女性初の大西洋横断飛行。その航空機にもACスークプラグの点火プラグが採用された。 (この人は映画ナイトミュージアム2に出てくる。)


1969年、人類を月に送ったロケットにACスパークプラグの点火プラグが採用された。


歴史を知る意味


人類の偉業の裏にACデルコがあった。その重みが自分の愛車にも載っている。
さながら、リンドバーグ。 そう思えばワクワク。

バッテリーが1年と持たずとも、「自分はACデルコの歴史に金を出したのだ」と思えば諦めがつく。 折角だから中国製ノーブランドには真似できない楽しみ方をしよう。


届いたACデルコ

届きましたACデルコ。 箱はちゃんと綺麗。 箱の注意書はちゃんと日本語です。

どうせ製造は中国だろうと思ったけど、台湾製でした。

中身、日本語説明書がちゃんと入ってます。

ステッカー入ってるかなと期待したけど無いね。

ここら辺の作りも一応ちゃんとしてる。少し糊がはみ出たりしてるけど。

側面に線が入っている以外は見た目平凡なバッテリー。



取り付け後、近況報告

どのぐらい持つか、計測した電圧を月一ぐらいで更新の予定です。
これもMOTOBATTと同じく自己放電が少ないと謳うAGMバッテリーですが、目標は2年。

2016/7/30
12.79v
 初期充電はしませんでした。希硫酸をいれて30分以上放置、この電圧。

2016/9/10
12.71v (走行直後でなく5日ほど放置してから計測)
 こんなもんか。

2016/10/02
12.71v (走行直後でなく4日ほど放置してから計測)
 先月と一緒じゃん。低めで安定。

2016/11/03
12.72v (走行直後でなく4日ほど放置してから計測)
 低めながら安定してるな。

2016/12/03
12.59v (走行直後でなく4日ほど放置してから計測)
 少し下がった。

2016/12/31
12.56v (走行直後でなく5日ほど放置してから計測)
 こんなもんか。

2017/02/03
12.59v (走行直後でなく5日ほど放置してから計測)
 低めに安定中。

2017/03/03
12.57v (走行直後でなく4日ほど放置してから計測)
 またまた低めに安定中。

2017/04/09
12.51v (走行直後でなく5日ほど放置してから計測)
 寒さ緩んだのに低め。





今回購入したものと検討したもの

ACDelcoACデルコ/DTX7L-BS メンテナンスフリーバッテリー(電解液付属)
ACDelcoACデルコ/DTX7L-BS メンテナンスフリーバッテリー(電解液付属) 250TR

amazonよりwebikeの方が安かった。 amazonでは1年程度しか持たなかったと言うレビューが4件中3件あって低評価。webikeでは2年持った、5年持ったなんてレビューもあって評価は悪くない。


DRC/タフスター リチウムバッテリー 102型
DRC/タフスター リチウムバッテリー 102型 200EXC

リチウムイオンバッテリー。すごい軽いやつ。 興味があったんだけど、寒さに弱いとか。まだ発展途上なのかな? Ahの低さには注意! 通常のバッテリーの1/3程度だから電装品を長く動かす事が出来ずバッテリーが上がってしまう。 これじゃセキュリティーアラーム使えないわ。

広告

関連:
台湾 YUASA バッテリー
MOTOBATT バッテリー
バッテリーの交換



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP