『偽 rizoma フルードタンクCT105G』

偽 rizoma フルードタンクCT105G



イタリアのカスタムパーツメーカー、rizoma(リゾマ)。

そのコピー品のフルードタンクを買ってみた。 リア用、色はゴールド。
rizomaは偽物が多いとか、コピー品を買って法律的に大丈夫?とかは偽 rizoma フルードタンクCT125Bでしてますので省略します。



※ 個人的な感想です。 参考程度にご覧ください。


- 広告 -

品質

さて、中国製と思われる偽物を購入しました。 どんなもんだろ。

偽 rizoma フルードタンクCT125Bで書いたとおりロゴずれたり、 接着剤のカスがへばりついてる…。


ホルダーとステー

付属されてたホルダー。中古かよ!ってぐらいくすんでいる。 本物rizomaはちゃんとピカピカしてるらしい。

タンク本体

プリントしてある文字は中央からズレてる

欠けが一箇所。 これは欠けたままアルマイト加工したな。
これ以外の小傷などは見当たらない。

蓋。ちゃんと機能してるけど、ねじ山の角が荒い感じ。切削のカスなどは存在せず。
ダイヤフラムを固定する内蓋にバリ。けっこう酷め。


フロント用の偽 CT125Bよりもリア用のCT105には中国らしい荒さがやや見られます。


取り付け

タンクは見えない位置に

バリオスの場合、リアのフルードタンクはサイドカバーの裏、見えない位置にある。
このままゴールドのタンクを取り付けても見えないおしゃれ状態。


見える位置までずらすよ

見えないフルードタンクを見える位置までずらしましょう。
自前でステーを一つ用意して下にずらしました。

予めホースについてる保護カバーは外しておきます。 これがあるとホースが綺麗に曲がらないから。


あとはフルード交換、エア抜き。リンク先はフロントだけどリアもやること一緒。


装着後の見た目

装着完了。ステップはゴールドが映えるように黒で塗装しました。(ラッカー塗装だと靴が擦れて結局は剥げちゃうんだけどね。) くねっと曲がったホースが思いがけずセクシーです。


このときはまだステップを塗装してない状態。
それでもゴールドのワンポイントが非常に良く映える!
バリオスI型はモノサスでリアが寂しいので、たった一輪の花がとても美しく見えます。



正直、色が欲しかっただけなのでコピーとか関係なく、中国製のゴールド色のタンクとして満足しちゃってます。

ちなみにrizomaの文字の入っていないバージョンもあったけどなぜかちょっと高い。商標権は侵してなくても意匠権はどうなってるんだろうって疑問は残る。


広告

関連:
偽 rizoma フルードタンクCT125B



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP