『舐めたねじの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

舐めたねじの外し方

整備してると結構あるのがねじの舐め。
前々から外れなかったフロントブレーキマスターのリザーバータンクの蓋のねじ。やればやるほど舐めていく。一番いい外し方は・・・

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

方法1: ネジ滑り止め液

ネジ滑り止め液。 ドライバーとネジの摩擦を増やして舐めを防止、あるいは舐めたねじでも噛みが強くなり回せる...というもの。 舐めたときに最初に頼るのがこいつ。
ドライバーとねじの接触する部分に塗布、押し付けながら回します。 でも強く固着したネジだと何だかんだで力が逃げてしまい、結局なめます・・・。

方法2: インパクトドライバーとラスペネ(潤滑剤)

潤滑は基本ですが、クレ556より ラスペネ(業務用タイプ) の方が浸透性が優れてるらしい。 写真は ”非業務用タイプ”、南海部品に買いに行ったけど置いてなかったので。

あと、インパクトドライバー。 ねじの緩む方向に軽く力を加えながらハンマーで衝撃を与え固着を解き緩めます。 ねじは性質上、上から叩くことで緩む方向に力が働くようです。(ためしてガッテン情報)
これらに ネジ滑り止め液 も合わせて使用します。

あまり強く叩きすぎるとねじの頭が曲がってさらに外れづらくなってしまうことも。
これでリザーバーの片方のネジは外れました。もう一方は固くて外れません。で、結局は舐めます・・・。

方法3: ネジザウルス

 がっちりつかんで回せるペンチ。 ネジの頭が出てれば完全に舐めたネジでもつかめる。
でも、とんでもなく硬く締まっているネジだとグリっと滑ります…。

方法4: ドリル (これで大体は外れる)

穴を開けると大体は緩みます。ねじの座面(ねじの裏側)に掛かっていた力の逃げ場が出来ることでネジが踏ん張れなくなり緩みます。 画像ほど大きな穴でなくても大丈夫です。 +字溝がつぶれない程度の穴を開けてプラスドライバーでグッとまわすとか。 (ドリルは手動タイプだと苦労します。電動でやりましょう!)

曲がっていたねじ

ようやく外れたネジ、首をかしげるように曲がってました。
マイナスドライバーを掛けてガンガン叩いたせい?、インパクトドライバーで頑張り過ぎたせい? これじゃ外れないわけだ。

方法5: ネジの頭を飛ばす

ディスクグラインダー、あるいは電動ドリルがあるなら ネジの頭を飛ばしちゃおう。 残った本体はペンチでつかんで回し取る。 頭が飛ぶと座面の摩擦がなくなるので簡単に外せます。

錆びていたり、焼きついていたらドリルで本体も飛ばして、タップ。 雌ネジ作り直し。

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP