サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-1.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『カムチェーンテンショナーの交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

カムチェーンテンショナーの交換

カムチェーンテンショナー

この部品はカムチェーンの張りを維持する部品。劣化するとカムチェーンが弛み、エンジンがガラガラ 言い出します。

こいつはアッシーでも2709円と安いんだけど、替えべきる部品だけ替えてさらに安く済ませました

アッシーで注文すると組み立て状態で届くので楽です。 ただし一度ばらしてしまうと手順どおり組み立てないといけません。 ページ下部、"4.テンショナーの組み立て方" で解説します。

(カムチェーンが劣化で伸びていると、より早い段階でテンショナーの劣化を感じます。 その場合はカムチェーンの交換が望ましいけどエンジンを降ろしての作業です。)

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 交換すべき部品

カムチェーンテンショナー部品

バリオスに使われるカムチェーンテンショナーは8つの部品になります。

1番の"スプリング" … 使いまわす。 縮んでたら伸ばせばいい。
2番の"スプリング" … 使いまわす。たまに磨り減ってることもありますが折れそうでなければ大丈夫。
3番の"ロッド" … 要交換! リテーナーが擦れるので磨耗、抑えが効かなくなる。
4番の"リテーナー" … 要交換! ロッド、カラーとの間で擦れて磨耗、抑えが効かなくなる。
5番の"カラー" … 要交換! リテーナーが擦れるので磨耗、抑えが効かなくなる。
6番の"Oリング" … 使いまわす。オイルシールでしょうがなかなか劣化しません。
7番の"本体" … 使いまわす。これ単品では売っていません。基本は劣化しません。
8番の"ネジ" … ほっとけ。

5番の カラーは本体に圧入 されています。これが外れないためにみんな普通アッシーで頼むわけです。
でも外せればアッシーである必要は無いわけで、ということで 外してみましょう

2. ”カラー”を切断して外す

本来はどう外すべきなのか? プーラー?
プーラーなんて持っていないので切ります。 ディスクグラインダーと切断砥石で。

テンショナーを固定して...、キュイィィィィィィィーン......切れた! ウォーターポンププライヤーで潰しながら掴んで外す。 (ディスクグラインダーは安く簡単に入手できますがいいかげんに使うとかなり危険!! 必ず対象物は固定、両手でブレないようグラインダーをしっかり持って作業。 初心忘れず。)

3. ”カラー”圧入

カラー:536円 + リテーナー:903円 + ロッド:620円 = 合計:2059円
カラーは上が徐々に分厚くなることで内部が先細りするようになっています。 上下を間違わないように圧入します。
カラーを下において本体を上からかぶせるようにセット、 本体の頭をカナヅチで叩いて圧入しました。

切断した部分を金属パテで埋めて、見えない部分だけどヤスリで削りました。 パッと見どこを切断したのか分からない出来栄え。

4. テンショナーの組み立て方

本体のネジを緩め、ロッドに長いバネを入れて上の状態でスタンバイ。 リテーナー(UFOみたいな輪っか)はこの段階では別に無くてもいい。 これからロッドの凹みに本体のネジを噛ませて固定させるよ。

手のひらで握って押し込む。 ロッドが上まで到達したら空いてる方の手で本体のネジを締め込む。
ロッドの凹みにネジが噛みこむとロッドが奥に固定されたままとなります。

リテーナーをロッドの奥に押し込み、大きい方のスプリングもセット。 上の状態が車体に取り付け可能な状態。アッシーで頼むとこの状態で届いたと思う。たぶん。

このテンショナー、オイルであまり潤滑されないような場所にあるから取り付け前に内部にオイルを塗っておくと良い。何なら組み立て前にグリスアップ。

あとは車体にボルトで固定、 本体ネジを緩めてロッドを解き放つ、 再度ネジを締めこんで交換作業は完了。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP