サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-12.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『フロントフォークのオイル交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

フロントフォークのオイル交換

買ってからずっと...、10年超(走行15万キロ以上)ほったらかしです。さすがにオイル交換ぐらいしたほうが良いだろうと。 バリオスはフォークを車体に付けたままオイルの交換が可能です。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. フォークオイルを用意


YAMAHA SUSPENSION OIL [ サスペンション & フォークオイル ] G-10 / 90890-68902 [HTRC3]

フォークオイルにはいくつかの粘度があり適正なものを選ぶ必要があります

サービスデータによるとバリオスはショーワのss-8というオイルを使用してます。これと同等の粘度であれば良いわけです。具体的にはG-10または、SAE 10wと書かれた物を選びましょう

二輪各社から自社ブランドのオイルが出てますが、汎用品なので好きに選んでOKです。 今回使用するのはYAMAHAの。

1. ジャッキアップ

ジャッキアップせずに両側のフォークオイルを抜いたら写真のようにびっくりするほどフロントが沈み込んじゃいました。こうなると押さえてないと倒れちゃう状態。

作業の最終段階ではフォークが伸びている必要もあるので、必ずバイクリフトジャッキ等を使ってフロントをジャッキアップしましょう。

2. フォークスプリングシートを外す

ひとまず、ハンドルが邪魔になるので写真中央4本のボルトを10mmで外し、ハンドルを上にでもずらす。
あと、緑の矢印部分にボルト、六角6mm。 緩める。

フォークスプリングシート(写真赤丸)はフォークの蓋になってるボルト。24mmメガネか大して固くないのでモンキーレンチでも使って外す。
外れるとき、スプリングの強い力で飛び出す! 必ず、上からしっかり手で押さえつけながら緩めて!


(フォークオイルを油面でとりたい人はオイルを抜く前のこの段階でチェック。 上から棒を突っ込んで何mm下に油面があるかを測っておきます。詳しくは下のほう、「3.フォークオイルを注ぐ」で...)

3. フォークオイルを抜く

いきなり抜いた写真ですが、(写真赤丸)フォークの側面にあるドレンボルトを外すとオイルがビューっと抜けます。 このボルトには銅ワッシャーのガスケットが付いていて、通常は要交換ですが、私はいつものように再使用。

10年超(走行15万キロ以上)熟成させたフォークオイルはまっ黒! バルサミコ酢!

抜き終わったらドレンボルトをしっかり締めて、次は上からフォークオイルを注ぐ。

3. フォークオイルを注ぐ

A. 規定量を注ぐ (簡単だが誤差が出やすい)

フォークオイルの規定量は 368cc±2cc。一気に入れようとすると溢れるのでゆっくりと。 左右のサスペンションの硬さは等しくする必要がありますが、多少違ったところできっと感じ取れないでしょう。小さいことは気にしないのでさっと終わらせたいなら規定量を入れてOKってことで。

B. 油面で取る (面倒だが細かな調整ができる)

 規定の油面高は 140mm±2mm ですが、この油面の高さは使えない
この油面の高さは『垂直に立て、インナーチューブをもっとも押し下げた状態』 などの決められた条件が前提となっていますので。

今回のような場合はフォークオイルを抜く前に測った油面高を使用しましょう。
でもフォークの下に溜まったエアを抜かないと油面は取れない。 フォークのインナーチューブを押し下げればエアは抜ける仕組み。 車体を前後に動かしてフォークを沈み込ませればいけるか? …手間も掛かるしフォークを車体から外してやったほうが確実だね。



あぅ、規定量まちがえて沢山入れちゃった。 長いスポイトでなんとか抜き取りました。 フォークオイルレベルゲージなんてのを使えば量を見て微調整できます。

4. フォークスプリングシートを締める

一番の難所になるのがフォークスプリングシートの締め付け。バネの反発力と作業スペースの狭さで苦戦する

まず、フォークがしっかり伸びていることを確認。 タイヤの付いた状態でフロントがジャッキアップされていればOK。

締めるコツとしては、ボルトとインナーチューブのネジ山がどの辺りから噛み合って締まるのかをチェックしておくこと。 シートをあと10°,20°も回せば締まると言うポジションから押し付け、レンチを回せばネジがすぐに噛み合います。 噛んだら後は普通に締められる。 ハンドル周辺を元に戻し完了。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP