『燃料タンクの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

燃料タンクの外し方

燃料タンクを外します。説明するまでもない簡単な作業ですが。
私の92年製は燃料計の付いていないタイプ。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. ボルトを外す

タンク外し ボルト類

まず、シートを外します。

サイドカバーを固定している緑の丸部分のボルト。これを5mmの六角レンチで外します。 (私のは片方が折れているのでタイラップで固定してます…)

燃料タンクを固定している赤丸部分のボルトも外します。12mmのレンチで。

2. サイドカバーを外す

サイドカバー外し

手前に引っ張れば良いだけです。
赤丸部分に突起があり、タンクとフレームにある穴にはまっています。 (私のサイドカバーは突起がいくつか折れてます…)

3. ホースを外す

ホースを確認

燃料タンクをちょっと持ち上げて2本のホースを外します。

ホースを外す

とめ具を外し、ペンチなどで軽く持って左右に動かしながら、もう一方の手で下方向にひっぱると抜けていきます。

太いほうがガソリンのホース、細いほうが燃料コックに負圧を伝えるホースです。

燃料コックはPRI以外のところにしておくこと!
PRIだと燃料がダーと出てきちゃいます。ON、RESなら燃料コック内のOリングがせき止めているので大丈夫。劣化しているとポタポタと漏れるのでその時はOリング交換、またはコック本体の交換。

関連:フューエルコックのOリング交換

4. 燃料タンクを外す

燃料タンク外す

上の写真のように持って、緑の矢印のように左右に動かしながらタンクを後ろ(気持ち斜め上方向)にひっぱると外れます。
(燃料計のある年式のものはコネクターがあるようなので外して!)

外した燃料タンク

外れました。タンクの装着は逆の手順です。
慣れてくるとホースをつなぎ忘るので注意!(私は3回ぐらいやらかしてます…。)
広告

関連:フューエルコックのOリング交換



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP