『エアフィルターの清掃』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

エアフィルターの着脱

3000km毎の清掃、10000km毎の交換でしたか???
目詰まりすると上手く空気が上手く吸えない。 燃料がうまく吸えないのでパワーダウン。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. エアフィルターを外す

1-1. 燃料タンクを外す

外し方こちら

1-2. エアクリーナーボックスの蓋を外す

エアクリーナー上ぶた

1. 緑の丸、ここは10mmのレンチ。右の所は奥まっています。T型レンチを使いましょう。

2. 赤い丸、ここも10mmのレンチ??
(私のは雌ネジ側が壊れて締められなくなったのでボルトを付けていません。そのままにしておくと、ここの穴とBOX下の穴からエアフィルターを通さずに空気を吸ってしまうのでテープで塞いでます。 これで長年走ってますが得に問題は出ていません。無い方が作業が楽になります。)

エアクリーナー上ぶた ホースとハーネス

3. 黄色い点線、ここのハーネスをちょっと引っ張ってずらします。

4. 緑の矢印、クリップを先の細いペンチなどで掴んで外してからホースを引っ張って抜きます。
(このホースはキャブから揮発した燃料を"エア吸い込み口"に戻すためのもの。 ブローバイガスを大気に放出せずエアクリBOXに戻すのと同じような仕組みだね。)
(クリップは無くても走行中にホースが外れると言うことは無いので次回の作業を効率化したいなら付けなくてもOK。 私は外したまま。)

5. ボックスの蓋を持ち上げれば外れます。


1-3. エアフィルターを外す

エアクリーナー上ぶた 外れた

蓋を持ち上げたら赤丸のところがエアフィルターです。
白いプラスチックのホルダーにスポンジのエアフィルターがかぶさってます。手で掴んで取るだけです。

着脱の説明は以上です。組み直すときは上の逆の手順で。コツなどはありません。


2. フィルターの清掃、 オイル塗布

< 乾式 >
水や洗剤で洗って乾かせばOK。(※ 注意) 乾いたらそのまま付け直して完了!
※ 注意
 乾式は原則として水や洗剤で洗わないほうがいいみたい。けど、洗い方、乾かし方に注意すれば水洗いも裏技として可能なよう。私の持っている本には「乾式は軽く叩いてほこりを飛ばすだけ」とある。 wikipediaには「乾式はゴミをエアーコンプレッサーで内側から吹き飛ばす方法が取られてきた。でも最近の物は質が良くゴミをろ紙内部に強く取り込むのであまり意味が無い。」とある。


< 湿式 >
オイルが付いてるので"灯油"や”エアフィルタークリーナー”などを使ってオイルを落とします。
食器用洗剤などを使っても良いですがオイルは頑固なのでこれだとちょっと落ちづらいです。落ちないことはないですけどね。

ワコーズのフィルターオイル

乾かした後、内と外にエアフィルターオイルを薄めに、まんべんなく吹きかける。 ティッシュでトントンして余分なオイルを取り除く。(写真はNTBの新品フィルター。) 車体に取り付けて作業完了。

注意: オイルをあまり丹念に何度も吹き付けるとオイルでフィルターが目詰まりしてエンジンが掛からなくなります。(経験あり。) やり過ぎたらペーパーなどでよくふき取れば大丈夫。

NTB エアフィルター

(使用したオイルは色あせてますがワコーズ。 これ1本でかなり持ちます。頻繁に使うものではないから一生かかっても使い切れないかも…)



バリオス エアフィルター

NTBだと純正品よりも安いです。

バリオス

バリオス2
広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP