『キャブレターの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

キャブレターの外し方

キャブの取り外しを解説。オーバーフローを直したりする時には必要な作業です。
バリオスⅡはキャブに冷却水のホースが付いているのでそこはちょっと分からない。まさかキャブ外すたびに冷却水を抜く必要があるなんて事は無いと思うんだけど…

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. あらかじめの作業

あらかじめ、燃料タンク、エアクリーナボックスの蓋を外しておいてください。
燃料タンクの外し方、  エアクリーナーの清掃


2. キャブレターを外す

2-1. エアクリBOXを外す

エアクリーナーボックスはずし1

赤丸のボルトを8mmのレンチで外す。奥まっているのでメガネじゃ無理。T型レンチで。

エアクリーナーボックスはずし2

ボルトを外し、ボックスを上に引っ張ると外れます… が、完全に取り外す前に下のホースを先にペンチなどで外しましょう。 外したホースはその場に置いておいて。 引っこ抜いてしまうと戻すのはかなり面倒に。 (このホース、走っているうちにいつの間にか外れて失くなったりします。)

エアクリーナーボックスはずし3
外れました。

2-2. キャブの固定を解く

キャブホルダーのネジ(緑丸)を緩めてキャブが取り外せるようにします。 ながーい(+)ドライバーで。

ネジを外したら、キャブ前方を上に、後方を下に押すようにすると抜けます。 まだケーブルが邪魔で完全には取れません。


2-3. キャブからスロットルケーブルを外す

赤丸、ケーブルを固定するプレートのネジを外します。 スプリングも付いているので外して。

プレートがフリーになるとケーブルのタイコをキャブから外せるようになるので外します。 次いでプレートからケーブルを外しましょう。

外れました。
(ちなみにプレートを外さずハンドル右のコントロールハウジングを開けてケーブルを緩めて外す方法もあります。 以前はそれでやってましたが上記の方が楽なので。)


2-4. キャブからスターターケーブルを外す

スターターケーブルをはずす2

キャブ前方を持ち上げます。 赤丸のネジを外すとプレートが外れ、ケーブルがある程度自由になります。 あとは、タイコを外せばスターターケーブル外し完了。 (ネジをエンジン内に落とさないよう注意。)

スターターケーブルプレートを削る

スターターケーブルは、アジャスターで長さを調節したり、プレートを削っておけば、ケーブルを引っ張ってちょいとひねるだけで外せるようになり、次回の作業が楽になります。


2-5. キャブが完全に外れる

キャブ取り外し完了

これで取り外せました。ホース内にはガソリンが残っていたりします。
矢印のようにホースは下向きにせず、上向きにしたままにしておきましょう。

取り外しは以上です。


3. 組み直す時の注意点やその他

組み直す前に確認

1.キャブホルダーにヒビがないか確認!

折角キャブを外したんですからゴム製のホルダーにヒビ割れがないか確認しましょう。
ヒビ(穴)から空気を吸ってしまうと混合気が薄くなり、始動困難、パワー低下、吹け下がりが悪くなるなどの症状が出てまともに走れなくなります。

ちょっと固いですが六角レンチで取り外し、手で潰すように押してヒビが無いか確認、あるなら出来れば交換。 補修として液体ガスケットでヒビを埋めるのも有効。外側だけやれば大丈夫。

組みなおす時の注意点

1.スロットルケーブルを逆に取り付けないように!

スロットルケーブルをキャブに取り付けるとき、オープンとクローズを逆に取り付けないよう注意。 どっちがどっちか分からなくなるので、何かしらで印をつけておくと良いです。

2.スロットルの戻りが渋くないか?

ケーブルの位置確認

スロットルケーブルを組んだら、スロットルを目いっぱいまで開けて手を離し、その時の戻りが渋くないか確認。 戻りが渋い場合、赤丸の辺りケーブルを自然な流れになるよう配置。

3.エアクリボックスはちょっとはまりづらい

ブローバイガスの通り道

エアクリーナーボックスを取り付けるとき、上の赤丸の部分をはめるのに手こずるかも。 何度か力押しでグイグイやっていればはまりますが、はまりやすいように削って加工しておくと楽になります。

4.燃料コックをPRIに

キャブを組み付けたらエンジンをかける前に、しばらく燃料コックをPRIにしてキャブにガソリンを満たして。 忘れるとセル回してもなかなか掛かりません。

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP