『キャブレターのオーバーホール(2/3)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

キャブレターのオーバーホール(2/3)

(1/3)では、
「 2.フロート室を開ける 」  までやりました。
このページでは、「 3.フロートバルブを外す 」 ~ 「 6. 洗浄作業 」 まで。

関連: キャブの外し方

※ 厳密にはOHでなく分解、清掃、一部の部品を交換をします。
※ 写真の撮影時期が結構バラバラなのでつながりがおかしかったりしますがご了承下さい。
※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

3. フロートバルブを外す

フロートとフロートバルブ

フロートとそれに引っ掛かったフロートバルブを外します。 緑丸のネジを緩めて外せばOK。

4. バルブシートを外す

バルブシートはネジザウルスで外す

バルブシートを外す。ネジザウルスが適してる。滑らずしっかり掴めて、シート内側に傷を付ける心配が無い。

普通のペンチでやるならシート内壁を傷つけないように厚く布を噛ませるなどして引き抜く。Oリングが劣化していたり、ガソリンの乾く前だと比較的抜けやすい。 ミスると内壁を傷つける恐れがあるのであまりお勧めはできない。 ペンチのギザギザが小さいものは掴みづらいのでNG。

あとでキャブクリーナーで洗浄するので、ゴムのOリング、フィルターは外しておきます。どちらも小さなマイナスドライバー等でこじれば外せます。

フロートバルブシート ゴミが…
上は7年分の錆、ゴミが溜まったバルブシート。汚い。 写真のOリングはまだいけそうでしたが中には完全に潰れて弾力を失った物も。 (Oリングサイズ:内径8.5mm 太さ1.5mm)

5. ジェット類の取り外し

5-1. フロート室 周辺

ジェット類取り外し

● スロージェット
マイナスドライバーで回して外します。 (奥まっているけど特別長いドライバーとかは不要。)

● メインジェット と ホルダー
下部(ホルダー)は8mmのメガネレンチで外します。 上部(メインジェット)はマイナスドライバーで回して分離します。

● パイロットフューエルスクリュー (単にパイロットスクリューとも言う)
マイナスドライバーで回して外します。 (奥まっているけど特別長いドライバーとかは不要。)
Oリングとワッシャーが付いてますが内部に残ってしまうことがあるのでしっかり回収して下さい。
キャブクリーナーで侵さないようOリングは外して置いておきます。

5-2. バキュームバルブ 周辺

バキュームバルブ取り出し
バキュームバルブを取り出す。 まずネジを外して蓋を開ける、バネは摘んで抜き取る、バキュームバルブはゴムを傷めないように引き抜いて。次いで、洗浄する部品をバキュームバルブから取り外します。↓

ジェット類取り外し2

● ジェットニードル
バキュームバルブに入っているだけなので引っくり返して取り出します。

● バキュームバルブに付いている小さな筒状の部品
穴にはまっているだけなのでつまんで取り外します。 空気の通り道となる金属部品です。

6. 洗浄作業

6-1. 洗浄に使用するケミカルとツール

洗浄に使用する物

キャブレタークリーナー
汚れを溶かして落とすキャブクリーナー。 ものによってはゴムヤプラスチックを侵します注意。
今回使ったのは左のSoft99のキャブクリーナー。 YAMAHAのは評判が良いので買ってみましたが両者に大差は無いです。

・パーツクリーナー
写真にはありませんが使用します。 キャブクリーナーと、それによって浮き出た汚れを流すため。

エアーコンプレッサー
ナカトミ CP-1500。 強力な空気圧で狭い通路の詰まりも吹き飛ばす。 これがあればどんなに汚いキャブでも綺麗に出来ます。

6-2. ジェット類を洗浄

ジェット類 洗浄

外した金属部品をフロートチャンバーに入れ、キャブクリーナー噴射。 2,30分置いて汚れが浮いたら、ひとまずパーツクリーナーで綺麗に。

次にエアコンプレッサーでジェットの小さな穴をバシュッ、バシュッ! 明るい所にかざして穴がしっかり丸く見えればOK。

針などで穴をつつくと広がってセッティングが変わってしまうらしいのでやらないよう注意。

6-3. キャブ本体を洗浄

完全にバラさずやっているのでなるべくゴムパーツ、プラスチックのある部分は避けていろんな穴にクリーナーを噴射。 2,30分置いて、ひとまずパーツクリーナー、仕上げにエアコンプレッサーで吹き飛ばす。
スロー系の小さな穴は特に念入りに!


スターター経路は下のように開けて...

スターター経路清掃

緑丸の穴を指で塞いで、赤丸の穴をエアコンプレッサーで噴けばしっかり通ります。



注意点:
◇ キャブクリーナーは噴いた後いつまでも放置すると、せっかく浮いた汚れやら何やらと共に乾いてしまい、返ってスロー系の穴を塞いでしまいます。余程ガビガビのジャンクキャブでもなければ2.30分放置で十分。

◇ 本体のエアーコンプレッサーによる作業は念入りに!
中途半端にやると数十kmおきにスロー系が詰まってエンストなんて事になります。 実際になりましたから。



> キャブレターのオーバーホール (3/3)につづく

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP