サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-21.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『キャブレターのオーバーホール(3/3)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

キャブレターのオーバーホール(3/3)

(2/3)では、
いろいろ部品を外して、 「 6. 洗浄作業 」  までやりました。
このページでは、「 7. バルブシート装着 」 ~ 作業完了 まで。

関連: キャブの外し方

※ 厳密にはOHでなく分解、清掃、一部の部品を交換をします。
※ 写真の撮影時期が結構バラバラなのでつながりがおかしかったりしますがご了承下さい。
※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

7. バルブシート装着

バルブシートはめ込み

まず、はめやすいようOリングにシリコングリスを薄く塗っておきます

Oリングが新品の場合はネジで押し込んで入れる時に反発力でシートが斜めにズレがち。 マイナスドライバーなどで押し込んで水平を保ちながら入れていく


8. バキュームバルブ装着

バキュームバルブ

バキュームバルブは組んだ後、正しく動くか指で確認! 空気の抵抗で、上がり、下がりが少しゆっくりなのが正常な動作。
バネが上手く組まれていないと途中で引っ掛かったり、バキュームバルブ、または蓋が上手く組まれていないと空気の抵抗をあまり感じなくなります。


9. パイロットスクリュー装着

パイロットフューエルスクリュー。単にパイロットスクリューとも。

規定は、”締め付けて底づきした所から1と3/4回転戻し” ですが、個々の状態によって最適な戻し量は変わってきます。規定値で濃すぎることは無くても、薄すぎることはあるはず。

「規定量戻したからOK」と考えず、キャブを取り付けた後も調整可能ですから、走行と調整を繰り返して最適な戻し量を探ると良いです。


10. スロー、メインジェット装着

元通り締めるだけなので省略。


11.油面調整

まずフロート、フロートバルブを元通り組む。
フロートバルブを社外品などに換えた場合は微妙にロッドの長さが違う場合があるので、その時は油面調整が必要になります。

方法は2通り、簡易的な方法厳密な方法。 前者をおすすめします。


A. フロート高で調整  (簡易的な方法)

フロート高で油面調整1

1.フロートをあげる、2.フロートバルブがシート面に接地、3.ロッドが沈み込む手前でフロートをストップ!
フロートの高さを計測するのはこの状態

実際は、キャブを地面に対し垂直に立てるようにして計測します。引っくり返してやろうとするとフロートの重さでロッドが沈んでしまうから。


フロート高で油面調整2

フロートチャンバーの合わせ面から、フロートの最上部までの高さを13mmに。

サービスデータには”13±2mm”となっていますが1mm前後するだけで結構変わるので注意。
フロートバルブがヘタっているといくらか油面が高くなるのでその時は14,15mmなどにした方がちょうど良くなります。

高さ調整はフロートバルブが引っ掛かっている金属部分を(-)ドライバー等で押し曲げて行います。


B. 実油面で調整  (厳密な方法)

実油面で油面調整

ドレンにホースをつなげドレンのボルトは緩めておきます。 キャブ右側にある線が地面と水平になるように置いて、燃料タンクを繋ぎ、燃料を流します。

ドレンから燃料が抜けてホースをどんどん上がっていき、フロートバルブが通路を塞いだところで止まります。 それがキャブ右側にある線の下、9.5mmならOK。 違っていたらフロートの高さを調整して再チャレンジ。 これを4つ全てに実施します。 (やってられんわ)

この方法はいいかげんにやっても上手く行きません
やるなら本体やホースを綺麗に、几帳面に配置して。


12. フロート室を閉じて完了

フロートチャンバーは液体ガスケットで

 フロート室、本来ここのパッキンは換えるべきですが再使用。
そのままでは滲むので、 耐ガソリン液体ガスケット モトシール1 先生のお出まし。

フロートチャンバーは液体ガスケットで

念のため組み立てが終わってから燃料を入れてオーバーフローがないか確認します。 … 漏れ無し!

正常になったキャブで走ってみると力強い加速にびっくり!


広告

関連:
キャブレターの同調
パイロットスクリューの調整
キャブの外し方



広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP