サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-22.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『パイロットスクリューの調整』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

パイロットスクリューの調整

季節によって調整してやると良いです。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. パイロットスクリューの働き

0-1. どこにあって、何をしているのか

パイロットスクリュー

上はごく低回転時のバリオスのキャブをざっと絵にしたもの。
緑の丸で囲った部分にある座薬のように見えるものがパイロットスクリュー。

パイロットスクリューはこの通路から放出するガソリン(混合気)の量を調節しています
スロー系の通路にありますから主に低回転域の燃料の濃さを調整しているんですが、中・高回転域でも多少は効いています。


0-2. 規定のもどし量でOK?

規定の戻し量は底付きしてから1と3/4回転もどし

バイクが新品ならそれが最適なんでしょうが、それなりの距離を走れば、規定値では薄すぎになるはず。 バルタイの狂いや、キャブの摩耗による二次エアなどが原因です。 自分のバイクにあった最適な戻し量を探りましょう。

また、季節(気温)によっても濃さ、薄さは変化しますから一年中同じ設定では、 濃すぎ(薄すぎ)の期間が発生します。

もちろん調整しなくても乗れますが、混合気の濃さがちょうど良ければ力強く走ってくれます。


0-3. 濃すぎ、薄すぎる時の症状

スクリュー戻しすぎで、濃すぎる時:
薄いときと比べるとパワーの低下は比較的かんじづらいですが、特に中回転域から高回転域にかけて、回転(加速)の伸びが悪く、押さえ込まれるような重さを感じるのが特徴的です。


スクリュー締めすぎで、薄すぎるとき:
( だいぶ薄い時 )
出足の加速など、低回転域で特にパワー不足を感じます。 ただ、メインジェットが徐々に効いてくる中回転域以上になると急に力強く加速するように感じます。 低回転域と中回転域以上でのパワーのコントラストがより強く効いた感じになるのが特徴的。

( ちょっと薄いとき )
上で説明したようなパワーのコントラストはほとんど感じません。 低回転域でのパワー不足は少し感じます。 濃い目に少し振ってみた時に、アイドリングの上昇、出足の力強さを体感して、「あ、やっぱり薄めだったんだ…」と気付く感じ。



1. パイロットスクリューの調整

1-1. マイナスドライバーで調整

パイロットスクリューはマイナスドライバーで

パイロットスクリューを調整するのはドライバーセットに入っているような柄の短いマイナスドライバー。 どのぐらい回転させたか分かるように柄の部分には数字を書いておくと便利。


1-2. 実際に調整

混合気は、パイロットスクリューを締め込むほど薄く、戻すほど濃くなります。 1/6~1/4回転ぐらいづつ動かして調子を見ます。 基本、全ての気筒の戻し量は等しくします。

濃いほうから薄いほうへと探っていくのが本来の正しいやり方です。 薄すぎるとガソリンの気化熱による冷却が弱まりエンジンが高温になってしまうからです。

でも、そこまで神経質にならなくても大丈夫。 薄いほうから濃いほうへ探っていくほうがパワーの違いを感じ取りやすいと思う。


1番を調整

上の写真は車体左側、1番のパイロットスクリューを調整しているところ。 覗き込んだり出来ないので手の感覚でうまくパイロットスクリューの(-)溝にドライバーを差し込みます。

2番を調整

2番は奥まっていてもっとも面倒なところ。
エンジンが熱い時は左手に手袋が必須です。 顔を近づけ覗き込み、穴にドライバーを突っ込む、 写真のように左手でドライバーの下を支え、右手でドライバーを回す。

3,4番を調整

車体右に回って3,4番を調整。 こっちは楽勝!


1-3. 調整したら走ってみて

エンジンをかけると上手くいけばアイドリング時の回転が上昇します。 低下した場合は締めすぎか戻しすぎかも。

実際に走って感じてみる。
私の場合は薄いほうから濃いほうへと調整するので主に低回転域でのパワーに注目します。

走り出しの力強さ、低速コーナーからの立ち上がりの力強さをより感じるようになれば上手く行った証し。
調子に乗って濃いほうに振りすぎると中回転域からの加速で押さえ込まれるような重さを感じます…、そんときゃ締め直し。

セオリー通り、濃いほうから薄いほうへと調整する場合は中回転域からの伸びに注目した方が良いのかな。


スパークプラグの焼け具合も調整の目安になると思います。 白ければ濃く、茶色なら薄く。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP