『ドライブチェーンの張りを調整』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ドライブチェーンの張りを調整

チェーンが伸びるとパワーは大きく低下します。 時々チェック、しっかり調整して良い状態をキープ。 新品チェーンや劣化の進んだチェーンは伸びのペースが早いのでこまめににチェック!

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. チェーン調整の仕組み

下の絵、緑色のがアジャスター。 中心をアクスルシャフトが通るので前後に動かすことでホイールも前後に移動、チェーンが張ったり、たるんだりします。


0-1. チェーンを張る

チェーンを張る

ナットを締めるとアジャスターが後ろに引っ張られ、ホイールが後方に移動しチェーンが張ります。

0-2. チェーンをたるませる

チェーンをたるませる

ナットを緩めるとホイールが前方に移動できるようになります。
タイヤを後方から押して(蹴って)ホイールを前方に移動させるとチェーンはたるみます。


それでは実際に作業。


1. ジャッキアップ

要ジャッキアップ リアサス出っ張り部分

作業にはジャッキアップが必要です。リアサス下の出っ張りの部分をジャッキアップ。


2. アジャスターの固定を解く

ナット緩め

まず緑の矢印のナットを12mmのレンチで外す。 車体右側も同様に外します。
(ここはアジャスターのナットを固定するナット。2つ並んでるうちの外側ね。)

次に赤丸のナット、ピンを抜き24mmのレンチで2,3回転ほど緩めます。
(ここはアクスルシャフトを締め付けているナットでここを緩めないとホイールが前後に移動しません。)

これでアジャスターを動かせます。


3. チェーンを張る

チェーンを張る

アジャスターのナットを締めればチェーンが張ります。 ひとまず車体右側はノータッチでOK。


4. チェーンのたるみが適正かチェック

チェーンのたるみが適正かチェック
チェーンは張りすぎても、たるみすぎていてもいけません。
チェーンの中央、緑の丸で囲ったあたりに定規をあて、チェーンを指で押し上げて振り幅が25mm~35mmになるかチェック。

チェーンが偏磨耗している場合は最も伸びの少ない部分で振り幅が規定値に収まるかチェック。 という事は劣化して伸びの多い部分は規定値よりも大きくたるむ事になるのでパワーの損失は必至。


(張りすぎたらチェーンをたるませる)
チェーンをたるませる

たるませたい場合は、アジャスターのナットを緩め、タイヤを後ろから前に押し込みます。


5. アジャスターの左右のメモリを合わせる

メモリあわせ

アジャスターの位置は車体の左右とも同じ位置である必要があります。
緑の矢印部分にメモリがあるので左側と同じ位置になるように右側アジャスターも動かします

(細かくとりたいなら赤い矢印部分、アジャスターの突き出たボルトの長さを測り、右側も同じ長さに。)


6. ナットを締めて完了

アジャスターのキャップが正しく閉じているか

 あとはナットを締めれば完了ですが、ナットを締める前に、スイングアームの終端の部分(赤い矢印)のアジャスターキャップがズレずにしっかりはまっているかチェック。

問題なければ車体後方からタイヤを軽く蹴ってホイールを前方にしっかり詰めます

そのあと最初とは逆の手順、アクスルシャフトのナット、アジャスターのナットを固定するナット、の順で締め込み、完了。

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP