『ハブダンパー交換せずに補修』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ハブダンパー交換せずに補修

リアホイールを外したときにスプロケがポロッと抜けてしまうのは当たり前だと思ってたんだけど、ハブダンパーというゴム部品の劣化が原因らしい。

このダンパーは急な加減速のショックを和らげる役割があるんだけど、

劣化するとスプロケとダンパーの間に隙間が出来て、発進時、ガクッと言ってから一呼吸遅れてタイヤが回りだすような感覚になる。 なんとも不快…。


※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

ゴム板で隙間を埋める

ホームセンターで買ったゴム板

劣化したら普通は交換ですが、「ようは隙間を埋めればいいんだろ」という乱暴な発想で補修することに。 ハブダンパー(部品番号92160-1286)は3255円ですが、補修ならたった200円程度で済んじゃう。

バブダンパーとスプロケの隙間を埋めるのにホームセンターで買ったゴム板(70円)を使います。

(※ 今回は2,3年前に補修した部分の貼り替え。)

切ったゴム板

写真のように4つ切りました。スプロケが入りやすいよう切り口は斜めに。 これを接着剤(100円ぐらい)で貼り付けます。

貼ったゴム板

バブダンパーに4つ貼り付けました。 これでスプロケとの隙間が埋まります。

シリコンスプレー

隙間が埋まるとスプロケが入りずらくなります。 入りやすいようにシリコンスプレーを塗布。

落ちないスプロケ

スプロケをはめ込んだら完成! 写真のように下に傾けてもスプロケは落ちません!


これで”カクッと発進”が直ります。
純正よりダンパーが硬くなるはずですが特に不快なショックは感じません。

広告


広告


広告

↑ PAGE TOP