サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-27.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『タイヤ交換とホイールバランス調整(3/3)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

タイヤ交換とホイールバランス調整(3/3)


タイヤ交換とホイールバランス調整(1/3) → 予備知識など

タイヤ交換とホイールバランス調整(2/3) → タイヤを外す

タイヤ交換とホイールバランス調整(3/3) → タイヤ装着、バランス調整


関連:
フロントホイールの外し方
リアホイールの外し方

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

4. ホイールにタイヤを入れる

4-1. 体重を乗せて押し込む

ホイールを押し込んで

予め、タイヤのビード部分すべてに潤滑油を塗布しておきます。 ビードクリームとか売ってますが私はシリコーンスプレー。 経験上、556でも問題無い。

新しいタイヤの上にホイールを置いて体重をかけて押し込んでいきます。


このとき注意すること!

タイヤの回転方向は正しいか?
 タイヤには回転方向があります。タイヤのサイドに矢印で書いてありますからホイールの向きに注意!

タイヤの軽点をホイールのバルブに合わせる
 タイヤには他より軽い場所があり黄色い丸印があります。ホイールのバルブ部分は他より重いのでこの2点を合わせて組みます。
(多少ずれても大丈夫。中古タイヤだと軽点が消えてたりしますが最終的にバランス取ればOK。)

4-2. タイヤレバーで引き入れる

レバーを使ってしっかり入れる

体重をかけて押し込んだだけでは完全に入りませんから、ホイールを立て、後ろからレバーを入れてタイヤの中にホイールを入れます。

4-3. 裏側も入れる

まだタイヤの入っていないほうを上に

片方はタイヤが収まったけど、 裏はまだ。 そちらを上に。 今度はこちらを入れていく。

レバー3本つかってタイヤを入れてく

レバーを3本使ってホイール内にタイヤをどんどん入れていきます。

これ以上はいらないところまで入れてく

「もうこれ以上入らない」って所まで入れていきます。(無理に入れようとするとタイヤがみしみし…ときしみます。) 入らなくなったら作業を一旦停止、状態をキープ

次に、入らない部分の向かい側 (矢印の辺り) のビードを ”上下両側とも”ウエルに落とします

タイヤがウエルに退避する事で突っ張りが解け、タイヤを入れる作業を再開できます。



タイヤが収まった
腕は2本しかありませんからビードをウエルに落とすのは苦労します。足やひざの裏で2本のレバーを押さえつつ、手で上下両側のビードを落とすわけですが、サイズの合うクランプがあれば楽に出来ます。
(写真 左)の状態まで行けばあとレバーひとテコでタイヤはホイール内に収まります。


5. ビードを上げる (ビードを張る)

5-1. エアコンプレッサーで空気圧を上げる

ひとまず空気を入れる

手押しのポンプなんかでは空気が溜まるより先に抜けていくので一向に空気圧は上がりません。

そこでエアコンプレッサーの強力な吐出量。 空気が抜けるより先にどんどん入るのでタイヤがホイールに密着し、空気圧が上がっていきます。

・うまく空気圧が上がらない場合
A. タイヤの周囲にバンドを巻いて … バンドを巻いてバールやタイヤレバーでぐるぐる回して締め込み、ホイールにタイヤを密着させて空気入れ。

B. ビードの落ちてる位置をずらす … バルブの向かい側が理想。 バルブの位置でビードが落ちてると入れた空気がすぐに抜けてしまう。 バルブ向かい側のビードは落とし、バルブ周辺はタイヤのサイドウォールをレバーで舐め上げてビードを上げていく。

5-2. フットポンプで仕上げ

バルブに指で蓋をする

すごい勢いでタイヤが張っていきます。このまま空気を入れていけばビードは張りますが、タイヤ内の圧を把握できない状態で入れ続けるのは危険、ほど良いところで停止、指でフタ。
万一、バーストなんて事になると取り返しの付かない事態もありえますから、 安全のため仕上げは空気圧計の付いたフットポンプで。

フットポンプをホイールに接続

指をどけ、素早く圧計の付いたフットポンプを接続。 圧は確か4.0kgf/cm2までなら安全だったはず。 シリコーンスプレーで潤滑してあると大体、2.5~3.0kgf/cm2ぐらいの圧でビードが張ります。

4.0kgf/cm2まで上げて張らないならしばらく放置。そのうち張ります。 またはタイヤを地面に落として叩き、刺激を与えると良いようです。

ビードが張るときは突然、『ポンッ!』と破裂するような音と、ホイールがビィィィィンと響く音がして慣れないうちはビックリする。 あと、指を挟んだりしないよう注意! 危険です!

6. バルブコア装着

ビードが張ったらタイヤバルブにバルブコアを入れ、ムシ回しで締め付ける。 バルブコアは3,4年ぐらいで劣化して空気が漏れるようになったと思う。 状況に応じて、または毎回 新品に。


7. ホイールバランスを取る

ホイールの周囲の重さを均一にします。
リアは基本バランスは取らなくてOK。プロもやりません。


7-1. 一番軽い所を探る

ホイールにシャフトを通しバランスチェック

ホイールにシャフトを通し、椅子か何かに置いてホイールが回転する状態にします。

何度か回転させ、一番上に来たところに印をつけておきます。 バランスが取れていないと必ず決まった所が上に来ます。

そこが一番軽い場所、ウェイトを貼り付ける場所です。

7-2貼るべきウェイトの重さを探り、貼り付け

一方がホイールの外に外れた

次に何グラムのウェイトを貼るべきか探るため、1円玉(1グラム)を貼り付けていきます。
バランスが取れている場合は回転の止まる位置がランダムになります。 1円玉を追加するたびに回転させてチェック。


貼るべきウェイトの重さが分かったらを貼り付けます。
私は鉛板をバランスウェイトの代わりに使用。はさみで切り、強力両面テープで貼り付けて完了!


ホイールを車体に組み込んだあとは空気圧を適正にするのを忘れずに。

広告

関連:
フロントホイールの外し方
リアホイールの外し方
タイヤバルブの交換 (タイヤ交換時ついでに)



広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP