サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-28.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『バッテリーの交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

バッテリーの交換

バッテリーを交換します。
バリオスは『 7L-BS 』と書かれたバッテリーが適合するやつ。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. バッテリー液入れ手順

海外製バッテリーだと液入れの手順などがしっかり書いていなかったり、読めなかったりすると思いますので下にまとめておきます。

1, バッテリーのアルミテープを剥がす。
(!プシュッと音がします。このままの状態で長い時間放置すると良くないよう。あまり時間を掛けず次に行きましょう。)

2, 電解液の黒いキャップを外してバッテリーに突き刺す。
(!黒いキャップは後で蓋として使用する。捨てないこと。)
(!黒いキャップの下のアルミテープは剥がさない。)
(!電解液がこぼれないようまっすぐ突き刺すこと。一気にブスッと。)
(液が落ちていかない場合は叩いたりしてみて。)

3, 20~40分そのまま放置。
(!すぐに蓋をしてしまってはいけない。内圧があがって寿命などに影響するし危険性も。)

4, 2の所で外した黒いキャップをはめる。均等にはめていかないと蓋の裏側が壊れる。
硬いのでハンマー等で均等にコンコンと。
(手では硬くてはめられない。予めハンマーを用意。ドライバーの柄でもいけそう。)

5, 任意で「初期充電」というのを行うことで過酷な使用条件でも長持ちするらしい…。
(基本やらなくて大丈夫。エンジンが掛からないぐらい電圧が低いならやりましょう。急速充電はバッテリーを傷めるらしいのでNG。)


1. タンクを外す

燃料タンク外す

燃料タンクを外さないと作業できません。外します。 分からない場合はこちら→燃料タンクの外し方

2. ブラケットを外す

ブラケットを外す

バッテリーを固定しているブラケットを外します。
10mmのレンチで4つのボルトを外すだけです。

ブラケットを外した

こんな感じではずれました。

3. バッテリーを取り外す

むき出しのバッテリー

バッテリーにつながっているケーブルを取り外します。
バッテリーによって違いますがほとんど+ネジで止まってます。プラス側の赤いゴムは剥いてくださいね。

ーから外す

マイナス端子の方から外します。
これはショートを避けるためです。 マイナス端子がつながったまま、プラス端子をいじった際にドライバーが車体に触れるとショートして電装部品がダメージを受ける恐れがあります。

『 ショート回避のためマイナスだけが繋がっている状況は避ける。』 そう覚えておけばバッテリーを外す時(取り付ける時)、「あれ?+からだっけ?-からだっけ?」と分からなくなる事はありません。

バッテリーを外す

+-両方外して、バッテリー引っ張り上げればこの通り外れます。

4. バッテリーの取り付け

取り付け完了

「ショート回避のためマイナスだけが繋がっている状況は避ける。」、上で書きました。
ってことは今度はプラス端子の方から繋ぎます
全て元通りにして完了!


取り外した廃バッテリーは無料廃品回収とかで回ってくる業者が本当に無料で回収してくれました。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP