サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-30.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『引っかき傷の補修 (タッチアップペイント)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

引っかき傷の補修 (タッチアップペイント)

塗装面の傷を補修しました。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

引っかき傷の状態

エンブレム下部 一番深い傷

燃料タンク、エンブレム下におっきな傷が付いてしまいました…。
ハッキリと白い線、すごく目立つから萎える...がっくり...

エンブレム横 比較的浅い傷

エンブレム横にも。 こちらはまだ比較的浅い。しかしハッキリと白い線。

傷の原因は、外しておいたタンクに小石が付着した散水ホースがズルズルとこすれたせい。

0. これで補修する

KAWASAKI タッチアップペイント

ここまでハッキリした深い傷だとコンパウンドで磨いたところで消えるものではありません。

純正色で塗装し直すしかないと思い調べると、
KAWASAKIからタッチアップペイントが出てました

早速、黒バリオスの純正色、ブラックパールを購入。700円ぐらい。

カワサキ TOUCHI UP PAINT (タッチアップペイント)


1. ひとまず小傷を先に消す

深い傷とともに、無数の小傷があります。 まずそれを消しちゃおう。
コンパウンドで退治しきれなかった傷がタッチアップすべき傷ってことになる。

ウィルソン 7ミクロン コンパウンド

コンパウンドは粗いほうから細かいほうへと磨いていきます。
まずはウィルソン ハンネリコンパウンド(粒径 7ミクロン)で。

ウィルソン 3.5ミクロン コンパウンド

次はウィルソン ハンネリコンパウンド(粒径 3.5ミクロン)。

なぜか3.5ミクロンコンパウンドが弾かれる

なぜか7ミクロンで磨いた所はは3.5ミクロン コンパウンドの乗りが悪い…。 弾いて上手く乗らないんです。磨けない事はないですが。

Holts コンパウンドセット

次にHoltsのコンパウンドセットから2ミクロン、1ミクロンと磨いていきます。 これで小さい傷は消えました。
(セットの中にはかなり粗い50ミクロンがありますが、今回の傷はこれを使っても消せないので使用せず。)

ましになった傷

小傷はコンパウンドで取れました。 エンブレム横の比較的浅い傷もまあまあ薄くなってます。

では残った傷をタッチアップで補修します。



2. タッチアップペイント

2-1. 塗る (盛る)

タッチアップペイントを使用

容器をカチャカチャよく振って攪拌、キャップに付いてるハケで傷部分に慎重に塗ります。思ったより乾きが早いです。

追記:傷以外の部分をマスキングした方が本当はいいね。
あと、塗るというより”盛る”が正しい。 乾いてまだ傷の凹みがあるようなら盛りを繰り返して。

タッチアップペイントを使用2

タンク下の深い傷にも。

タッチアップペイント部分 寄り

さすが純正色なので目立たない、暗い場所だとね。光を当てると補修した箇所がしっかり確認できてしまいます。

タッチアップペイント部分 盛り 絵1

断面図にするとこんな状態だね。


2-2. ペーパーで磨く

耐水ペーパーで平滑にした補修箇所

さて翌日。 タッチアップ箇所の凸部分を2000番の耐水ペーパーで平滑に
ペーパーは水で濡らして細かく左右に。時折、指で触って凸部分を確認して磨きました。

追記:本当は1週間ぐらい乾かして。 この時は早く直したかったので翌日にやりました。
あと、上にも書いたけど磨くなら傷以外の部分はマスキングが望ましいです。

タッチアップペイント部分 平滑 絵2

ここはこのぐらいでOKだ。 あまりペーパーでやると健全な塗装面にダメージが及んでしまう。


2-3. コンパウンドで磨く

50ミクロン コンパウンド

耐水ペーパーで白くくすんだ塗装面を滑らかにしようと、7ミクロンのコンパウンドで磨くも効果なし。

そこでHoltsの粗い50ミクロンのコンパウンドを使うことに。


比較的浅い傷は消えた

50ミクロンで磨くとエンブレム右の比較的浅かった傷はすっかり消えちゃいました!!
もう、うんと近寄っても何処に傷があったのかわからない。

(50ミクロンてかなり粗いんだけど2000番のペーパーってのはさらに粗いんだね。そこにびっくり。)



余談: 実際の所は2000番のペーパーは9ミクロン程度らしい。 しかしペーパーは粒がむき出しでそれが固定されているから数字以上に粗いのかなと。 対して布とコンパウンドの場合、粒子は布の中に入り込むうえ、固定されていないので面を晒しやすい。よって数字よりは細かく仕上がるのではないかと。

タッチアップペイント部分 さらに平滑 絵2

50ミクロンで磨くと傷の部分にだけペイントが残った状態になります!


最終仕上げコンパウンド

あとは小傷を消したように7ミクロン, 3.5ミクロン, 2ミクロン, 1ミクロン, さらに仕上げに0.5ミクロン, 0.02ミクロンのMiraX(...これはもうほとんどコンパウンドって言うよりポリマーワックス)で磨きました。

普段はシュアラスターを使う事が多いのですが、磨き傷を消してくれるプレクサスの方をつかってフキフキ...。

3. 補修の結果

完全消滅 & かなり薄くなった

エンブレム右の比較的浅い傷は完全に消えました!

完全に消えてない傷

エンブレム下の深い傷の方は完全には消えていません。 が、かなり薄くなりました!
上の写真の通りです。 確認で行きますか? 太陽光に当てて寄りで撮影しました。

ちょっと離れれば見えない

△ 左は室内蛍光灯、右は明るい太陽光の下。 画像はいじってませんよ。

どのぐらい薄い傷かと言うと、『 明るい太陽光の下、ここに傷があるよと指摘された上で、顔を40cmぐらいまで近づけて、あ~、傷ってこれ? 』ぐらいのレベル。 ちょっと離れたら全く分かりません。

この程度の薄い傷なら何箇所もあるし、何なら普段気にならないけどもっと深い傷なんかもよく見るとあるので個人的には合格点。 もう一回ぐらい挑戦すれば完全に消せるかもしれないけどこれで良しとする事に。




深い傷が付いてもがっかりせずに補修してみてください。結構きれいに戻ります。

広告


広告


広告

広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP