サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-31.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『冷却水の交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

「冷却水の交換」

冷却水はエンジンから熱を奪って、ラジエーターまで持っていくのが仕事。 ラジエーターは冷却水の持ってきた熱を大気中に発散します。 それが水冷の仕組み。

2年ぐらいで交換って言われてるけど…、ま、忘れたころにでも交換しましょう。 別の整備で抜き入れが必要になることもありますね。めんどくさ~。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 燃料タンクを外す

燃料タンクを外す

2. ラジエーターキャップを開ける

ラジエーターキャップ

燃料タンクを外すと車体 右前方にあるのがラジエーターキャップ。

これを外すんですがエンジンが冷えた状態でないと冷却水がブシャー!っと噴き出します。

キャップは安全のため二段階になっていて、回していくと途中で止まります。
(この状態では経路内に圧がある場合にはそれだけが抜ける仕組みらしい…、試したことはない。)
回らなくなったら今度は押し込みながら回して外します。


2. 冷却水を抜く

ドレンボルト

冷却水排出のため、車体左下部のウォーターポンプカバーにあるドレンボルトを外します。 8mmのレンチで。

冷却水が抜けた

何故か横向きに付いてるドレンボルトのせいで横に勢い良くピュー!と飛び出します。
(このときはキャップより先にドレンを開けたので勢いが弱いです。)
出てくる量は1リットル弱です。

抜いたらドレンボルトを締める。ボルトのワッシャーは潰れてるようなら交換。

ラジエーターやシリンダー周辺にはいくらか排出されずに冷却水が残りますがエンジンオイルだって完全には抜けないから気にせず。

3. 冷却水を入れる

クーラント

冷却水を入れます。 これはそのまま使えるタイプですが薄めるタイプのほうがお得です。

クーラント入れる

ラジエーターキャップを外したところが注ぎ口。 私はこぼしたくないので漏斗を使います。
写真では慎重すぎますが、コップにジュースを注ぐように調子よく入れていくと、途中、入るより先にあふれてこぼす事になります…。 ゆっくり注ぎましょう

これ以上入らない冷却水

冷却水が入っていかなくなったらエア抜きです。

4. エア抜き

シリンダー エア抜き

サイドスタンドで立っているのでシリンダーヘッドの右側に空気が残ってしまいます。抜きましょう。

車体右、シリンダーヘッドにあるバンジョーボルトを8mmで緩めます。1回転も緩めれば大丈夫かな。
ジュ~とエアが抜ける音がしなくなって冷却水しか出てこなくなったらボルトを締め直してエア抜き完了!!


バンジョーボルトねじ切れた

余談:バンジョーボルトを強く締めすぎて”グニャ”、ねじ切れて、冷却水どぴゅーーー!

ヘッドの奥に残ったボルトはエキストラクター、…は持っていないので、三角形のダイヤモンドやすりを突っ込んで回したら取り除けた。

とりあえずM6のボルトで塞いでおけばOK。


完璧なエア抜き

上のエア抜きをしても経路内にはいくらかエアが残ります。

完璧にやるなら、
1. エンジンを掛けて暖める。
2. 注ぎ口からエアが抜けていくので都度、冷却水を注ぐ。
3. 最後にヘッドのバンジョーを緩めてエア抜き。
って感じかな?

でも経験上、エンジンを掛けてのエア抜きは必要ないです
交換後すぐにレースをするとか、高速道路を走るような場合はわかりませんが、 ちょっと飛ばしたぐらいで問題が起きるほどシビアではありません。

走っているうちにエアは圧力とともに勝手に押し出され、抜けた分は冷却水が補充されます。騒音とCO2の排出、燃料と時間の消費というデメリットを考えるとやらない方がよろしいかと。


5. 冷却水を継ぎ足してキャップを締める

冷却水の水面の高さ

エアを抜いた分、水面が下がりますから再び冷却水を注いでラジエーターキャップを締める。

仕組みを考えると多分なみなみと注ぐのがベストでしょう。
こぼしたくないならキャップの下に空気が入らない程度(写真右)でも。


6. リザーブタンクをチェックして完了

リザーブタンク

最後にリザーブタンクの容量をチェック。(タンクの場所はⅠはシート下、車体右後方。 Ⅱは右側サイトカバーの下??)
"L"の少し上ぐらいまであれば十分、そこまで補充。 リザーブタンクは時々チェック。

冷却水の廃棄

そのまま下水に流すのはNG。 何かに染み込ませて燃えるごみへ。
あるいは燃やせば無害化されるらしい。 冷却水の有害な成分であるエチレングリコールはアルコールの仲間。 火が付くのかな? 試したことは無い…



冷却水の圧力調整の仕組み

冷却力を高める、維持する

冷却水はエンジンの熱で膨張、密閉されているので加圧され、沸点が120℃ぐらいまで上がります。 加圧しない沸点100℃の状態より、熱を運搬する潜在能力が20%高まるってわけです。

当然エンジンの熱は上下するので圧力も上下します。 圧力が一定の範囲に収まるよう ラジエーターキャップの2つの弁によって調整、維持されます。


1. 加圧弁

経路内を密閉し、一定のところまで加圧するのが加圧弁。

ラジエーターキャップ加圧弁が開く

エンジンの熱で冷却水の圧が高くなりすぎると、圧力弁のバネを押しのけて、リザーブタンクに流れ込む仕組み。


上で「経路内に残ったエアも勝手に押し出され…」と言う話をしましたが、この仕組みによるものです。
キャップ(弁)は一番高い所にあるので経路内を巡ったエアはそこに溜まり、弁が開くとき一緒にリザーブに押し出されます。


2. 負圧弁

低くなり過ぎた圧を戻すのが負圧弁。

ラジエーターキャップ負圧弁が開く

エンジンの熱が下がり、圧力の低下で負圧が生じると負圧弁が開いて冷却水がリザーブタンクから補充される仕組み。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP