サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-34.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『エンジンオイルの交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

エンジンオイルの交換

初心者が初めて ”挑戦” する整備と言えばオイル交換ですかね?
チェーンオイルの塗布なんかは挑戦って感じじゃないですよね。

交換頻度は3,4000km毎でいいと思います。
4ストローク2輪用の10w-40、フィルター交換あり2.55L。なしなら2.1L。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. エンジンオイルを抜く

エンジンが暖かいうちにやると抜けが良いけど、わざわざ暖めなくても別に。
ではまず車体が動かないようギアを1速に

オイルパン ドレンボルト

エンジンの下を覗き込むとドレンボルトが見えます(写真矢印)。そこからオイルが排出されます。

予めオイル受け(廃油処理ボックス)などを下に用意。 深さはなくても良いけど大きめの物が便利。 ドレンボルトを17mmのめがねレンチで緩める。 結構かためです。

ドレンボルト 手で緩める

レンチで少し緩んだらあとは手で上に押さえつけつつ緩めていく。
グラグラしてドロ~っとオイルが滲み出る。 もう外れる寸前。

ドレンボルトからオイルが出る

もう外れると思ったらボルトを横にスッと離す。 するとオイルがドバーっと排出されます。

ポタポタ…としか出てこなくなったらバイクを前後に動かしたり左右に傾けるとまたツーっと少し出てきます。 全てを抜ききる事は不可能なのでほどほどに。 右に傾けるだけで十分です。


2. オイルフィルターを交換 (任意)

オイルフィルター

オイルフィルターはここ。 下にオイル受けを。
フィルター交換はオイル交換2回毎に1回? フィルターには「オイル交換毎に」。 私は3,4回毎に。

バイク屋(プロ)はきっちり締めてくれるので手では緩まない。初めての時はボコボコ殴って穴を開けてバールを差し込んで回しました。 カップ型のオイルフィルターレンチを使うのがきっと正解。

オイルフィルターからオイル

写真の通り、緩めるとオイルが垂れてきます。 そのまま回して外します。

オイルフィルター韓国製

monotaroで料金あわせに注文したら韓国製。 造りの悪いフィルターだと雌ネジにバリがあったりします。念のためチェック。 こいつは大丈夫だ。

取り付けはゴムのパッキン部分にオイルを塗って元の場所に締めるだけ。
私はいつも ”左手のみで外せるぐらい力” で締めてます。フィルターには「3/4回転締め付け」と書いてありますが手で外せなくなるから。

オイルを入れた際に漏れが無いか確認できるように周辺のオイルで汚れた所はパーツクリーナーで綺麗に


3. ドレンボルトを締め直す

ドレンボルトパッキン

ドレンボルトのパッキンは要交換。 物によっては3,4回は増し締めで再使用しても大丈夫。
パッキンは汎用品だからホームセンターにある自動車用でOK。内径12mm。 写真のはトヨタ用。

ドレンボルト締めなおし

まずゴミを噛まないようパーツクリーナーで、ドレンボルトとその接触面を綺麗に。
で、ドレンボルト締め。 締め付けトルクは2kg・m 程度らしいけど、長さ30cmぐらいのレンチでギュっときつく締めればOK。 あまり長いレンチ使うと力を掛け過ぎるので注意。

オイルを入れた際に漏れが無いか確認できるように周辺のオイルで汚れた所はパーツクリーナーで綺麗に


4. エンジンオイルを入れる

4-1. オイルフィラーキャップを外す

オイルフィラーキャップ

オイルを入れるのはここ。 バイク屋(プロ)はこのフィラーキャップをどう開け閉めしているんでしょうか。
ここもきつく締めてくれるので写真のようにバールの平たい方ではまず緩みません。 私は最初はバールのくぎ抜きの方をねじ込んで緩めたはず。 当然、傷がつきました…。

4-2. エンジンオイルを入れる

エンジンオイル

入れるべきは4スト 二輪用の粘度10w-40
フィルター交換するなら2.55リットル、 しないなら2.1リットルを入れます。

私の場合は低コストを重視していろいろ巡った結果、四輪用の10w-30の安物に行き着きました。
粘度が低いので季節に合わせて添加剤(KURE オイルシステム)で粘度を上げてます。 クラッチ滑りは特に無いです。

写真のオイルジョッキは容量1リットルの物なんだけど、やる事いっぱいで焦っていたり、緊張感無くやっていると、「…ん? いま何リットル目だ??」 ってな事になります…。 注ぎが1回で済む容量が好ましいです。

4-3. 窓から適量かチェック

エンジンオイル のぞき窓

なぜかオイルは入れたつもりの量よりちょっと少なめに入る。
上の写真の辺りに窓があるので、しゃがみ込んでバイクを垂直に起こし覗き込んでチェック。 必要ならオイル追加。

油面がLOWERからUPPERの間であればOK。 (よく見るとかなり上の方に線っぽいのがもう1本あるな…。何だこれ?)

本来このチェック、エンジンを掛け、オイルを行き渡らせたあと数分放置してからやるのが正しい方法。
でも、結局はこの窓も目安だし、オイルがちょっと少ないぐらいでただちににエンジンが焼きついたりはしませんから、走ってみてギアの入りが悪いと思ったらオイルを少し追加すれば良いだけです。



フィラーキャップを締め、オイル漏れが無いか確認、走行後も確認。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP