『バルブクリアランス調整 (1/3)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

バルブクリアランス調整 (1/3)

このサイトではクリアランスをシムで調整するタイプについて説明します。




バルブクリアランス調整の概要 → バルブクリアランスって何とか

バルブクリアランス調整(1/3) → クリアランス狂いの症状、1.下準備~4.クリアランス計測まで

バルブクリアランス調整(2/3) → 5.シム取り外し~7.シム削って厚み調整まで

バルブクリアランス調整(3/3) → 8.組み直し、計測可否詳細

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

バルブクリアランスが狂ったときの症状

非常にゆっくりと進行していくからパワーが大きく低下していてもなかなか気付かないクリアランスの狂い。下は以前、無調整で13万kmも走行して表面化した、パワー低下以外のトラブル。

症状 1:  エンジンが温まると始動困難に。
症状 2:  マフラーからパンッ!という破裂音、アフターファイアー発生です。
症状 3:  なんだかエンジンが異常に熱い。
症状 4:  そのうちエンジン冷間時の始動も困難に。

〇 薄いのが原因!
初めに発生したのは温間時、始動困難になる症状。 これだけならキャブのオーバーフローで濃くなっていると考えがちだけど実は逆。
全ての症状は、クリアランスが詰まって吸・排気が上手くいかず、また、バルブが閉じずに混合気が漏れて薄くなる事で起こっていた。


1. 整備の下準備

1-1. 特別に用意すべき工具

シックネスゲージ
バルブクリアランスのような、狭い隙間を計測する工具。
計測範囲は0.04mm辺り~1mm程度までで十分。 計測ポイントが奥まっているとかでなければ、リーフが真っ直ぐで、あまり長くない物が扱い易い。
マイクロメーター (測定範囲 0~25mm)
0.01mmの細かい単位で厚みを計測できる工具。 これでシムの厚みを計測。
シムの厚みは2mm程度なので測定範囲が 「 0mmから 」 の物をチョイス
磁石
タペットは磁石で持ち上げて外すので。 小さめの物。 磁力は強くなくて良いけどほどほどの。
シムを削って調節するならその工具
今回は初めてディスクグラインダーで挑戦。 仕上げ用にダイヤモンドやすりを使用。 オイルストーンはほとんど削れないから使わない。


1-2. あらかじめ必要な作業

ラジエーター、キャブが付いたままだと、邪魔になってクリアランスが計測できません。

こちら → ラジエーターの外し方キャブレターの外し方

2. クラッチカバーキャップを外す

クラッチカバーキャップ

右側エンジンカバーにある窓(クラッチカバーキャップ)を開けます。 ボルトは3本、7mmで。
外すと見えるのはパルシングローター、これを固定するボルトを回すことでクランクも回すことが出来ます。 上死点マークもここに。

※ ここの作業はメーカーや車種によって違ってくるところ。 左エンジンカバーをあける必要があったりとか…。

3. ヘッドカバーを開ける

エンジンカバー

エンジンの一番高いところ、ヘッドカバーを外します。 ボルトは4本、10mmのレンチで。 (プラグキャップは引っ張って外しといて。)

ヘッドカバーを外して横から撮ったのが写真右。 バリオスは4気筒 × 4バルブ の全16バルブ。 写真の状態では見えませんがキャブ側に吸気バルブ8つ、 エキパイ側に排気バルブ8つがならんでます。

4. バルブクリアランスを測定する

4-0. 計測の手順

ひとまずざっと説明すると、
1.  1,4番ピストンを上死点に。(※ 上死点とはピストンが一番上に来た状態の事。)
2.  目視でバルブの開閉具合を見て、下の表のA, Bのどちらの状態か見極め。
3.  表に照らして〇のところを計測。
4.  計測が済んだら360°クランクを回して再び1,4番上死点に。
5.  バルブの開閉パターンが前回とは真逆になるので計測できなかった箇所を計測。
以上。

▼ クリアランス計測 可否表
1,4番上死点のとき、燃焼順序1-2-4-3タイプ(※1)は、次のA,Bのいずれかの状態になります。

A. 

1番2番3番4番
排気(IN)××
吸気(EX)××
        ↑
クランクを360°回す
        ↓
B. 

1番2番3番4番
排気(IN)××
吸気(EX)××

… 計測可。バルブが閉じている。(カムがバルブを押していないのでクリアランス計測可能。)
× … 計測不可。バルブが開いている。(カムがバルブを押しているので隙間が潰れて計測不可。)


(※1). 他に 1-3-4-2のタイプ もある
4気筒の一般的な燃焼順序は 1-2-4-3。他に、1-3-4-2のタイプもあります。このタイプでも計測の方法自体は一緒。 バルブの開閉パターンは少し異なる。 具体的には上の表の"2番"と"3番"を入れ替えたものなります。 細かい話や燃焼順序1-3-4-2の可否表はバルブクリアランス調整(3/3) 下部で。


4-1. ピストン1番、4番を上死点に

パルシングローター 1,4番上死点

では実際に作業。ギアをNにし、延長ソケットを付けた14mmのソケットで、
パルシングローターのボルトを回すとクランクが回ります
ボルトを回すと言っても緩めるわけじゃありません。 硬く締まっているので通常、緩みません。

1,4番上死点の位置は 1と4の間の”Tマーク”
マーク合わせは大体でOK。 結局、カムとバルブ゙の間に隙間ができれば良いだけ。細かなバルタイとかは無関係なので。 (メーカー、車種によって上死点マークがフライホイールにあったりします。)


4-2.バルブの開閉状態を見極め

1,4番上死点時、吸気側からの画

目視でバルブの開閉状況を見極めます。 写真は吸気側(キャブ側)から見た状態。
カム山が1番吸気は手前に, 3番吸気は奥を向いているのが分かります。
つまりここはカムがバルブを押してない、計測可能な所だから....

....計測可否表のBの状態だと分かります
このようにバルブの開閉状況を、表A,Bのどちらの状態か見極めて○×を見て計測していけばスムーズ。

> クリアランス計測 可否表 (ページ内リンク 上にjump)


4-3. バルブクリアランス計測

バルブクリアランス計測

カムの下の隙間にシックネスゲージを差し込む。
シックネスゲージはリーフを適宜に組み合わせて厚みを調節し、隙間に差し込んで間隔を計測します。

隙間へ差し込む抵抗が「ようかんを切るぐらい」の厚みを探り、その厚みをクリアランスの間隔として取得。
(ようかんがいまいち分からないならギリギリ無理なく入るところを計測値としてもOK。誤差で済む話。)

計測可能な8箇所のクリアランスを取得、メモしてください

4-4. バルブ開閉パターンを反転、残りも計測

取得できなかったもう8箇所のクリアランスも計測。
クランクを360°回し、再び1,4番上死点に
バルブの開閉パターンが反転するので前回計測できなかった箇所を計測、メモして全クリアランス計測完了。


で、こんな感じだった。 単位はmm。

バルブクリアランス計測値

前回の計測から4万数千kmの走行ですが、1箇所を除いて全部規定から外れてます。
通常は排気側(EX側)の方が詰まりやすいんだけど、今回はIN側もけっこう間隔詰まってる。


次にシムを外して、厚み調整 → バルブクリアランス調整(2/3) につづく

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP