サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-38.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『バルブクリアランス調整 (3/3)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

バルブクリアランス調整 (3/3)

このサイトではクリアランスをシムで調整するタイプについて説明します。




バルブクリアランス調整の概要 → バルブクリアランスって何とか

バルブクリアランス調整(1/3) → クリアランス狂いの症状、1.下準備~4.クリアランス計測まで

バルブクリアランス調整(2/3) → 5.シム取り外し~7.シム削って厚み調整まで

バルブクリアランス調整(3/3) → 8.組み直し、計測可否詳細


※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

8. 組み直し

8-1. シム、タペットを戻す

両方とも元あった場所に戻すだけ。 シムはリテーナーの上に。 タペットをその上に被せます。
接触部にはオイル差しで注油


8-2. カムシャフト位置決め

カムシャフトはバルブタイミングに関わるのであるべき位置に正しく組みなおす。

カムシャフト位置決め

(写真左) 1,4番上死点で、カムスプロケの、吸気側は”IN”、排気側は”EX”の下線がヘッドカバー合わせ面と水平になるようカムシャフトを置く。 カムチェーンを排気側から無駄なたるみの出ないよう軽く引っ張りながら掛ける。

(写真右) 前のページで書いたとおり、スプロケの下線だけに頼るとカムチェーンが伸びている場合は水平にならず、掛け違いをしやすい。 予めメモった目印から目印までのチェーンのリンク数で確認。(サービスマニュアル持ってるならその通りに。)


8-3. カムシャフトキャップを締め付け

カムシャフトキャップ締め

接触部に注油、カムシャフトキャップを被せ、締め付けるんだけど、ここはちょっとシビアに

まずバルブスプリングの反発力があるので、応力が一点に集中しないよう、締め付けるボルトは内から外へ、徐々に全体を締めて行く。

気を付けるべきは締め付け具合。 こう言う軸受け部品はきつく締め過ぎるとシャフトの回りが渋くなったり、最悪、油膜が薄くなって焼き付いくことも。

正確な値は分かりませんが、回転角法ならおよそ90°の締め付けです。 カムシャフトキャップは固定されていないと浮いた状態なので、まずはボルト全体を適当に締めつけて底に付ける。 その後ボルトを1本緩め、手締めしてボルトが着座したら、そこから90°締め付け。 これを全てのボルトに実施。

追記:この間、緊張感なくバラバラの回転角で締めて走行したらハンドルが異常にバイブ。 もう手の骨がむずがゆくなって走ってられない状態でした。 締め付け具合はくれぐれも均一に


8-4. カムチェーンテンショナー取り付け


カムチェーンテンショナー

カムチェーンテンショナーを取り付ける。 これでたるんでたカムチェーンが張るよ。
念のため再び、カムチェーンのリンク数を数えてカムシャフトの位置に間違いが無いか確認しとこう。

. テンショナーを付けてない状態でクランクは回さない。 バルブスプリングの反力でカムシャフトが素早く回ったときにチェーンがたるんでいるので空回り、せっかく決めた位置が1コマずれたりする事がまれにあります。

関連:カムチェーンテンショナーの交換


8-5. 確認のためクリアランス再計測

念のため、クリアランスが正しい値になっているか再びシックネスゲージで計測。

 1234
EX 0.250.250.250.250.250.250.250.25
IN 0.200.180.200.200.200.200.200.20

EXは狙い通りの全て0.25mm。
INは0.18mmを狙ったのにノータッチの1番右以外は0.20mmに。

それでも規定値内だし、概ね揃っているから合格点だろう。


8-6. あとは適当に元どおりに組んで完了

あとはヘッドカバーを被せてボルトを適度に締める。 プラグキャップを差し込む、右側エンジンカバーの窓閉め、 ラジエーター、 キャブレターも戻す。 冷却水も入れる。

以上でバルブクリアランス調整 完了!

クリアランスの狂いで不調が出ていた車両なら、調整後は別のバイクに乗っているかのような劇的な違いに感動を覚えるはず!

関連:ラジエーターの外し方、 キャブレターの外し方


おまけ: エンジンの4工程とクリアランス計測可否の詳細

クリアランス計測表

(排) 排気…
排気の終盤からすでに吸気バルブが開き始めます(バルブのオーバーラップ)。 両方のバルブが開くので計測不可。
(吸) 吸気…
ピストンが下がりきって吸気したところ。 まだ吸気バルブは開いているのでこちらは計測不可。
(圧) 圧縮…
吸気した混合気をギュッと圧縮したところ。 もちろん吸・排気バルブは閉じているのでどちらも計測可。
(燃) 燃焼…
混合気に火が付いて燃焼、ピストンが下がりきったところ。 次の排気のためにすでに排気バルブは開いているのでこちらは計測不可。


ちなみにピストン…
クランクピンを180°ずらして配置する一般的な4気筒のクランクでは、
上、下、下、上 のように『 両端 と 中央2つ 』それぞれペアになります。

ピストンピンの正しい配置

上下するピストンの勢いが中央で打ち消し合い、振動が軽減されるって事なんですね~。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP