『ラジエーターの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ラジエーターの外し方

外すことがあるとしたらバルブクリアランス調整やエンジン降ろしたりするときぐらいですね。

垂れる冷却水

外す際、冷却水が垂れたりするので予め注意!

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 冷却水を抜く

まず冷却水を抜かないとけません。
こちら → 冷却水の交換

2. ラジエーターカバーを外す

ラジエーターガードとも言うかな? バリオスの特徴的なやつ。 邪魔になると思うので外す。
六角レンチとめがねレンチで外せます。 私は普段から付けてない。

3. 接続パーツを外す

3-1. ラジエーターファン電源コード 外す

ファンのコードを外す

ラジエーターファンの電源コードを外します。 抜け止めの爪を押し込んで引っ張るだけ。 場所はタンク下、イグニッションコイル左。

写真では見えづらいけどラジエーターから繋がるコードは1本しかないので迷うことはない


3-2. ラジエーター右側 接続部品

ラジエーター右側のホース、コネクタ

緑の丸、(+)ドライバー、または6mmのレンチでクランプを緩めます。
ホースは掴んで抜き取る。 ねじる様にするとバキッと固着が解けて簡単に抜けます。

黄色の丸、何かしらのスイッチの線。 平ギボシなので引っ張るだけ。


3-3. ラジエーター左側 接続部品

ラジエーター左側のホース、コネクタ

黄色の丸、サーモスタットのスイッチ。カバーをどけて、抜け止めの爪を押し込みながら引っ張るだけ。

緑の丸、(+)ドライバー、または6mmのレンチでクランプを緩め、ホース掴んで抜き取る。 ここはラジエーターに残った冷却水が垂れやすい。注意。


4. ボルトを外すとラジエーターも外れる

ラジエーター固定ボルト

ラジエーターを固定しているボルトを外します。 10mmで。 上下左右の全部で4つです。

外れたラジエーター

ホーンに引っかかって取り出せない場合は、ハンドルを左右に切ってホーンの位置を動かしてクリアします。 写真のとおり外れました。

ファンも外した

ファン部分も簡単に分解できます。 ついでに綺麗にしておこう。


取り付け時の注意点!

冷却水ホースのクランプはきつ目に締める

エンジンに熱が入ると冷却経路内には圧が掛かるので冷却水を入れた直後に漏れていなくてもエンジンを掛けるとわずかな隙間から漏れてきます。
クランプの締め付けは+ドライバーだと舐めたりするのでレンチで締めるのがお勧め

広告

関連:冷却水の交換



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP