『右側エンジンカバーの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

右側エンジンカバーの外し方

カムチェーンガイド、クラッチの交換の際には着脱することになる右側のエンジンカバー。

少なくともバリオスは、平らな場所で、サイドスタンドで駐車してる状態なら エンジンオイルを抜かなくても出来ます からそんなに手間は掛かりません。

カバーとエンジンの合わせ面に紙製のガスケットがあるので再使用って線もありだけどボロボロになったら無理なので交換用ガスケットは用意したい。 あとそれを剥がすスクレイパーも。

ジャンクエンジンの写真も交えて説明します。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 窓を開け、ゴムパーツを外しとく

赤丸のボルトを7mmのレンチで外す。 奥まっていてメガネレンチでは無理。 ソケットレンチで。 ここは窓みたいなもの。

窓を開けたら。 矢印のゴムパーツを外しておく。 これを先に外さないとカバーが外れたときにコードが引っかかって上手く外せません。

2. 周辺のボルトを外す

緑丸のボルトを8mmのレンチで外す。 全10箇所。 (写真では上で開けた窓が閉まってますが、閉めなくていいです。)

3. クラッチケーブルを外す

青矢印、クラッチケーブルをリリースコンプから外します。 苦戦するかもしれないけど力技でいける。

4. プライポイントをてこの原理で攻める

エンジンカバーはガスケットで引っ付いているので簡単にパカッとは外れません。

矢印のような出っ張り、プライポイントと言うらしい。 ここをバールなどでてこの原理を使い手前に引っ張り出します。 これでガバッと浮くはずです。 3箇所ほどあります。

5. ノックピンに気を付けてカバーを外す

ガバッと浮いても左右にノックピンがあるからまだ外れません。 左右を均等に少しずつ手前に引っ張り出します。 程よいところで手前に引っ張るとカバーが外れます。

6. 完全に外す

完全に外し取るにはコードが邪魔だね。 緑丸のボルトを8mmで外し、パルシングコイルをフリーに。 これでエンジンカバーも自由にできます。

7. カバーのはめ方と注意点

はめ方は外し方の手順を逆順に行えばいいだけ。カバー合わせ面のガスケットは変えた方が良いですがボロボロでなければ液体ガスケットでごまかして再使用する手も。

注意と言うほどではありませんが、カバーをはめる時、上手くはまらない場合はロッド(赤丸)に、 リリースコンプ(矢印)の位置が悪く干渉している場合があります。

ロッドに上手くはめ込もうとする必要はありません。 ただ邪魔にならないよう位置に気を付けて下さい。

広告

関連:
オイルパン、エンジンカバーのガスケット作成
クラッチ板の交換
カムチェーンガイドの交換



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP