サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-41.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『ブレーキフルード交換(リア)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ブレーキフルード交換(リア)

2,3年毎の交換が推奨されてるようです。 前回の交換から4,5年以上経ってるかも…。

スラッジが発生すると面倒なので定期的に交換しよう。


(フロントはこちらを参考にどうぞ。 手順自体はリアと一緒です。)

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 用意するもの

ブレーキフルード DOT4 (またはDOT3)
ブレーキフルード
汎用品なのでメーカーとかは関係無し。 100mlも使わないので一缶買えば十分余ります。
(DOTの後の数値が大きいほど性能が高くなるんだけど劣化も早くなるので注意。)
(グリコール系とシリコーン系とあって後者はレース用でゴムへの攻撃性が高いらしいから避けて。)

透明のホース
ブリーザーにつないでフルードを排出するのに使います。 内径は5mm。 長さは5,60cmぐらい。

廃油受け
フルードは吸わせて燃えるゴミ。

その他、工具類は省略...

1. フルード排出 準備

1-1. リザーブタンクのフタを開ける

ブレーキフルード リザーブタンク

ブレーキフルードが入るリザーブタンク。 右側サイドカバーを外すと見えます。
フタはちょっと硬いかも。ウォーターポンププライヤーで掴んで回すと楽。

リザーブタンク ダイアフラム

黒いフタを外すと下に白いフタ、黒いゴム。 フルードをこぼさないようゆっくり抜き取る。
汚れていれば水洗い、乾かして写真左の状態にして畳んでおきましょう。

(この黒いゴムはダイアフラム。リザーブ内のフルードが少なくなると写真右のようにびよ~んと。)

リザーブタンク内 茶色く劣化したフルード

4,5年たったフルード。茶色い。 熟成されてる。


1-2. ブリーザーにホースをセット

キャリパーのブリーザーにホースをつなぐ

(写真左)
この突起がブリーザープラグ。 ここからフルードを排出します。

(写真右)
まず、10mmめがねレンチを掛ける。(注:あとで90°ほど緩めるのでポジションは考えて。)  次いでホースを差し込み、 その根元をタイラップで固定。 ホースの先は廃油受けへ。


2. フルードを排出・交換していく

2-0. 交換手順

手順:
1. ブレーキを掛けたままに。
2. ブリーザー緩める。(ここでフルードが排出される)
3. ブリーザー締める。
4. ブレーキ離す。
5. リザーブタンク内のフルードを切らさないよう適宜、新しいフルードを追加。

上を繰り返していくと、
古いフルードは排出され、同時に新しいフルードが入り、入れ替わっていく

2-1. フルード排出と継ぎ足し

ブレーキを掛ける

まずブレーキを掛けます。 離さずそのままキープ。

ブリーザーを緩めて古いフルード排出

ブレーキを掛けたまま、ブリーザーを緩める。 ブレーキがふわっと軽くなって古いフルードが出てきます。

この状態でブレーキを離すと出てきたフルードが逆流してしまうので、ブリーザーを締めてから、ブレーキを離します(※1)。

リザーブタンクの容量が少なくなるまで、この作業を何度か繰り返します。


新しいフルード追加

リザーブタンク内が空にならないよう、新しいフルードを継ぎ足します
切らすと経路内にエアが入っちゃいます。 そんときゃホースから空気が出なくなるまで継ぎ足し、排出を繰り返して。 こちらを参考に。


(注). フルードは塗装を侵すので周辺に気を付けて。 塗ってからあまり経ってないラッカーなんて簡単に剥げますから。

(※1). 実際はブレーキをにぎにぎやっても大丈夫。 素早く抜ける。その分タンク内のフルード量に十分な注意が必要になるけど。



新しいフルードに入れ替え完了

排出、継ぎ足しを繰り返し、ホースから綺麗なフルードが出てきたら入れ替え完了です。
ブリーザーを締めてブレーキも解除、排出ホースも外してOK。 次へ。


2-2. リザーブタンクを満たしてフタ閉め

リザーブタンクにフルードを満たす

リザーブタンクにフルードを適量入れ、フタを閉める。

ここは空気があってもブレーキの効きには問題ない。経路内までエアが侵入することも考えにくい。
でも無いに越したことはないので、空気を押し出してダイアフラムをはめる。


ピストンの突出量とフルード油面

リザーブタンク内のフルード”キャリパーピストンの突出量” によって ”上下” します

新しいフルードに入れ替え完了

って事は...、
ブレーキパッドが減っている状態、つまりピストンが突出している状態でリザーブ内が満タンだと、 キャリパー内のフルードは逃げ道が無いからピストンを押し縮められなくなる

これじゃパッドを新品に交換するとき困っちゃう。
実際は少々パッドが減ってるくらいなら問題無い。けっこう減ってる時には気を付けて。

以下は解決策。お好きな方法で。
A. ついでに新品パッドに替えちゃう。これなら気にせず満タンまで注げる。
B. 車体からキャリパーを外し、ピストンを押し込む、この状態で満タンまで注ぐ。
C. パッドの減り具合を考慮、フルードを満タンにせず量を控える。


3. 清掃、確認をして完了

パーツクリーナーで周辺を綺麗に。 漏れが無いか確認。 車体を動かしてきっちりブレーキが効くか確認! おわり。

ちなみに今回使ったフルードは消費期限(製造より3年)から2年経過している。 問題は無い、けど気持ちが晴々としない…。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP