『ブレーキキャリパーのオーバーホール(フロント) (1/2)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ブレーキキャリパーのオーバーホール(フロント) (1/2)

キャリパーOHは結構簡単。 フルード交換+α ぐらいの手間。

今回は約2年ぶり。 最近停止直前にフロントにゴリゴリ感(ジャダーの発生)が少しあったのでやろうかと。



ブレーキキャリパーのOH(フロント) (1/2) → 0.整備しないとこうなる、1.キャリパーOH

ブレーキキャリパーのOH(フロント) (2/2) → 2. フルード入れ、エア抜き~4.清掃、確認して完了

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 整備しないとこうなる

0-1. スラッジだらけになる

フルード交換しようにもリザーブタンクのネジが緩まず、9年,13万km以上ノーメンテのフロントブレーキ。

ある時ブレーキパッドを交換しようとキャリパーピストンを押し込もうとするも…びくともしない。どうもスラッジが悪さをしてるようだ。

スラッジだらけのキャリパー

オーバーホールが必要だってことで、外れずなめていたネジを頑張って外し

キャリパーを開けてみたら、なんじゃこりゃぁ…。

まるでドブに落としたみたい…。泥や砂のようなスラッジがいっぱい。 ダストシールもだるだるに劣化してる…。


0-2. 危険なブレーキタッチ

スラッジだらけのキャリパーはジャダー

スラッジだらけだと、ブレーキの遊びを越えるとすぐにガツンッと強くブレーキが掛かる

それとゴリゴリと振動してフロント大暴れ。 キャリパーピストンの戻りが鈍い、または戻らないのでローター表面の凹凸に追随できないからです。 (こういう振動を ジャダーと言うらしい。)

おまけにパッドの引きずりも。 フロントを浮かせて勢い良くホイールを回しても摩擦でタイヤは2,3回転してすぐ停止。これではパワーロス。


1. キャリパーのオーバーホール

1-1. 事前の作業

まずリザーブタンク周辺をマスキングしましょう。 フルードは塗装を侵します。と言ってもラッカー塗装でもなければ大丈夫。燃料タンクとかは塗装が強いので。

リザーブのふたを開ける

ハンドル右、リザーブタンク、ここはネジが固着しやすいのでちゃんと開くか確認しよう
開けるとあるのはダイアフラム。リザーブ内のフルードが少ないとびよーんと右のようになってます。そんな事はどうでも良いのでフルードが飛び散らないようにはめ直して。


1-2. キャリパーピストン、フルードを抜く

まずキャリパーを六角8mm使って車体から外し、ブレーキパッドも外しておく。
ピストンはブレーキピストンプライヤーがあれば楽なんだろうが、持ってないので別の方法でやるよ。

ピストンが出てくる

ブレーキレバーを"にぎにぎ"、どんどん押し出してピストンを抜き取る。 フルードがドバーっと垂れるので廃油受けの上で。

気を付けるポイントは2つのピストンの一方だけを先に抜いてしまわないこと! 一方が抜けるとエアが入るので、他方はブレーキを握っても出てきません。 じゃあ指で摘んで抜けるかと言うと固くて抜けません。 ちょっと面倒になります。

一方だけが突出して抜けそうな場合は使い終わったブレーキパッドなどを噛ませ、ピストンをひとまずその場に待機させてタイミングを調整しよう。 両ピストンともグラ付いて、いかにも抜けそうなら、どちらを先に抜いてもOK。 残った方は指で簡単に抜き取れます。

バンジョーボルトを外す

ピストン、フルードが抜けたら車体に軽く組んで、バンジョーボルトを外しキャリパーをフリーに。

(ピストン同時抜き取りに失敗したら)

片方のキャリパーピストンが抜けたけどもう一方が残った

あぁ…、同時抜き取りに失敗…。
上に書いたけど何ちゃらプライヤーは持ってないので空気の圧力で押し出す。 ひとまずバンジョーボルトを外してキャリパーをフリーに。

空気の圧力でピストンを抜く

左のように抜けたピストンをもう一度元の場所に軽くかぶせ、抜けないように使い終わったブレーキパッドなどを噛ませる。(初めてやった時は鉛筆を噛ませたけどペシャンコに。)

次にフットポンプ(空気入れ)を用意。 適当なアダプタを取り付け、空気漏れを防ぐためビニルテープを巻く。 これをバンジョーボルトの入っていた穴に差し込みシュコシュコ、空気が入って、ポンッ!! 抜けなかったピストンが飛び出します。
(抜けるとき中のフルードが霧状になって飛び出すのでタオルを被せてやった方がいい。)


1-3. キャリパーを分解、清掃、部品交換

キャリパー分解清掃

(写真左)、ひとまず外側のダストシール、内側のオイルシールをチェック。 3年ほど前に換えたので劣化なし。

(写真右)、キャリパーを分解。 部品数は少ないので簡単。 水とナイロンブラシで清掃、 ダストブーツ内の接触部分はグリスアップ。
シールのはまる溝はスラッジだらけだった時にアルミサビを紙やすりでゴシゴシ落とした気がする。 今回は問題なし。

ピストン清掃

外したピストンも周囲に錆びや汚れがあると思う。 耐水ペーパー2000番やサビ取り消しゴム等で水平方向にゴシゴシして綺麗に。


1-4. キャリパーを車体に組み付け

キャリパー組み立て

清掃が済んで乾いたら組み立て。 ピストンはフルードを潤滑油にして押し込む。ブレーキパッドも取り付け。

バンジョーのクラッシュワッシャ

車体に取り付けてブレーキホースをバンジョーボルトで締め。 ここのクラッシュワッシャーは要交換。 内径10mmの1mm厚。 今回は増し締めで再使用しちゃう。



続いてフルードを入れて、エア抜きします
ブレーキキャリパーのオーバーホール(フロント) (2/2)

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP