サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-42b.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『ブレーキキャリパーのオーバーホール(フロント) (2/2)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ブレーキキャリパーのオーバーホール(フロント) (2/2)

前頁でキャリパーOH、車体に組みました。

フルード入れて、エア抜きします。




ブレーキキャリパーのOH(フロント) (1/2) → 0.整備しないとこうなる、1.キャリパーOH

ブレーキキャリパーのOH(フロント) (2/2) → 2. フルード入れ、エア抜き~4.清掃、確認して完了

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

2. フルードを入れ、エア抜き

2-1. 準備

キャリパーブリーザー

キャリパーのブリーザーに10mmのめがねレンチをかけ、排出ホース(内径5mm)をセット、根元をタイラップで固定。ホースの先は廃油受けへ。 (めがねレンチはあとで90度ほど緩めるのでポジションは考慮。)

2-2. フルードをいれてく

リザーブタンクにフルードを注ぐ

リザーブタンク内、古いフルードはティッシュ等で吸い取って取り除き、 空のタンクにフルードを補充。
ダイアフラムは水洗いして乾くように干しておこう。

キャリパーへフルードを注ぎ込む

ブレーキを握ったまま、ブリーザーを緩める
ブリーザーを締めてから、ブレーキを離す

上の作業を繰り返してフルードを経路内に入れていきます。

始めのうちは一向に入っていかないように感じますがめげずに続けると入っていきます。
リザーブタンクが空にならないよう、減ったらフルードを継ぎ足して。
そのうちブリーザーからフルードが出てきます。


2-3. エア抜き

ブリーザーからフルードが出てきたらエア抜き。 経路内からエアを抜かないとブレーキはスカスカのまま。

〇エア抜きの方法
特別な事ではない。先ほどの作業、
フルードを切らさないよう補充、ブリーザーから排出を繰り返すだけ
これをブリーザーから空気が出なくなるまでやればエア抜き完了。

○エア抜きのコツ
「ブレーキを離すのは、ブリーザーを締めてから」が基本ですが、気にせず、何度もにぎにぎ してみて。 排出されるフルードに勢いがついてエアが沢山ぼこぼこ出てきます
注意点としては、フルードの抜けの早さ。リザーブタンク内が空になるとエアがまた入っちゃう。 補充のタイミングに注意。

○フルード飛ぶから注意
タンク、フルードが飛ぶ

ある程度エアが抜けていくとブレーキが効いてくる。 この状態になるとブレーキを勢い良く握ったときにタンクからフルードがぴゅっと飛んで周囲を汚すことになる。 マスキングしてれば大丈夫だけどゆっくり握ってエア抜きを続けよう。



ブリーザーからまだ細かな気泡

エア抜き終盤、まだ細かな気泡が出てくるけどキリが無い。 ブレーキもしっかり効いてるから経験上、ここら辺で妥協して大丈夫。

追記: ブレーキをにぎにぎしてフルードに勢いを付けて排出するとしっかり抜けるね。でもブレーキタッチがカチッとし過ぎて返って不快。 エア抜きが不十分だった時のタッチはブレーキが楽しかったな~。 通常の走行で、しかもフロントならペーパーロックに至る事は考えにくいから、少々エアを残した方が良いかも…?

エアが抜けたらブリーザーを締め、排出ホースは外してOK。


3. リザーブタンクを満たしてふた閉め

タンクにフルードを満たす

ハドルを右にきってタンクを水平に。 フルードを適量入れ、フタ閉め。 ここは空気が入ってもブレーキの効きには問題ない。 でも無いに越したことはないので、ダイアフラムをはめるときは空気を押し出しつつはめる。

フルード量は、ブレーキパッドが磨り減ってる場合はそのまま(写真矢印の)UPPERラインまでってわけには行かない。いくらか量を控えよう。 詳細はこちらで。


4. 清掃、確認をして完了

パーツクリーナーで周辺は清掃。 漏れが無いか確認、 車体を動かしてちゃんとブレーキが効くか確認しておわり。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP