『シリンダーヘッドの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

シリンダーヘッドの外し方

クランクケースはそのままに、シリンダーヘッドだけ外す事が出来ます。
その外し方の手順。 取り付けも軽く。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 予めの作業

カムチェーンテンショナー

カムシャフトを外すのに邪魔になるのでテンショナーを外す。 8mmのレンチで。

その他、
マフラーを外す。
ラジエーターを外す。
キャブレターを外す。

2. オイルホースを外す

(作業が終わってから撮影したのでいろんなものが外れてませんが気にしないで。)

ヘッドのチューブを外す

丸のところにボルトがあるので8mmのレンチで。 ホースは引き抜く。
ここはエンジンオイルの通り道。 クランクケースからヘッドへと送られます。

3. ヘッドに乗っかってる物を取り除く

ヘッド上部

(写真左) プラグキャップを引き抜いてヘッドカバーのボルト4本は10mmのレンチで外す。

(写真右) カムシャフトキャップのボルト16本は8mmのレンチで。 外側のボルトから内側のボルトへ全体を少しづつ緩めながら。

カムシャフトも外します。 どちらが吸気、排気側かわかるようにして置いておきます。

4. カムチェーンガイドを外す

(作業が終わってから撮影したのでいろんなものが外れてませんが気にしないで。)

カムチェーンガイドを外す

"車体後方のガイド" を固定するボルト(丸の所)は六角6mmで外す。 ここのガイドは外すとなると右エンジンカバー外したりと面倒なのであえてそのままに。

"車体前方のガイド" (線の所) はカムシャフトが外れていれば引き抜くだけ。これは抜き取る。

5. ヘッドボルトを外す

ヘッドを固定するボルトを外す

ヘッドを固定するボルトを10mmのレンチで外します。 まあまあ固いけど柄の長いレンチなら大丈夫。
(写真右) 見落としがちなのがカムチェーン側、奥にあるボルト。 ここは8mmのレンチで。

6. シリンダーヘッドが外れる

シリンダーヘッドをバールでてこる

あとはフィンのあたりをバールでちょっとテコれば簡単に浮きます。 ノックピンはヘッド後方、左右に1つづつ。

ヘッドの左右を持って横から抜き取るわけですが外さなかったガイドが結構邪魔になる。 このガイドを乗り越えるために 右側を目一杯持ち上げてクリア、 車体のフレームもうまくクリアし、左へと抜き取ります。

落としたり、底部あわせ面に傷が入らないよう慎重に作業!

シリンダーヘッドはずれた

外れました! 底部あわせ面傷をつけないよう布の上にヘッド様を鎮座させる。
この状態で裏返すとタペット、シムが外れてごちゃごちゃに。 どれが何処に入っていたのか分からなくなるから、ちゃんと外して管理できる状態にしてからいじくり回しましょう。



シリンダーヘッドを組み付ける

シリンダーヘッドガスケット

シリンダーヘッドガスケットは新品に。 増し締めで再使用する人もいるようだけど圧力の掛かるシビアな所なので今回は新品に。

全体を覆う黒いゴムのようなものが液体ガスケットの代わりになるので高耐熱ガスケットフィットみたいなものは不要だ。

で、組み付け。 ノックピン、ガスケットをシリンダーに乗せてヘッドを元の場所に。 「締め付けトルクは分からなくても回転角法で」と思ったけどよく考えたらガスケットを噛んでるんだからこの方法では無理だ…。

結局、感覚でとにかく固く締めこみました…。 おかげでカムチェーン付近のボルトの受け側が破損…。 まぁ、大丈夫…。

カムチェーンテンショナー

適当に締め付けてから3万kmほど走りましたが問題は出てません。(2016年6月現在)

いつも適当に締め付ける私ですが流石に ヘッド弄るならトルクレンチは必須 だと感じました。 結果上手く(?)いきましたがこれはたまたま。 自分で弄ろうと考えてる方は必ずトルクレンチは入手してください。

締め付けトルクは、ネットに転がっていたりしますからサービスマニュアルは無くても何とかなります。 ガチガチにボルトを締めこんだ後にyahoo知恵袋でZXR250の各部の締め付けトルクの回答を発見、数値を見てみると、あんまり大きくない…。 あんなにがちがちに締め付けなくてよかったのか…。

広告

関連:
ZXR250 締め付けトルク
腰上のオーバーホール (1/2)
腰上のオーバーホール (2/2)



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP