サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-44.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『ZXR250の締め付けトルク』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ZXR250の締め付けトルク

yahoo知恵袋で発見したZXR250の締め付けトルク。

ZXR250とBALIUSは似たようなものですから十分参考になるはず。

ページのURLはメモらなかったから忘れたけどコピペしたデータを置いときます。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

ZXR250 締め付けトルク

以下、yahoo知恵袋で発見した回答コピペ (原文まま)
< >内は N・m (私の方で追加しときます。1/1000の位で四捨五入。) ----------------------------------------

ZXR250(A1/B1)のトルクです。注)単位はすべて(kg-m)となってます。
【エンジントップ】
シリンダーヘッドカバーボルト (1.0)<9.81>,
カムシャフトキャップボルト(0.6)<5.88>,
カムシャフトチエンガイド取付けボルト(上) (2.5)<24.52>,
カムシャフトチエンガイド取付けボルト(下) (2.0)<19.61>,
シリンダヘッドボルト(7mm径) (1.8)<17.65>,
シリンダヘッドボルト(6mm径) (1.0)<9.81>,
シリンダヘッド盲プラグ(2.0)<19.61>,
キャブレターホルダボルト(0.8)<7.85>,

【クラッチ】
クラッチスプリングボルト(0.90)<8.83>,
クラッチハブナット(13.5)<132.39>,

【エンジン潤滑機構】
エンジンドレンボルト(2.0)<19.61>,
オイルフィルタ(手締めまたは1.0)<9.81>,
オイルフィルタ取付ボルト(3.0)<29.42>,
オイルプレッシャリリーフバルブ(1.5)<14.71>,
油圧警告灯スイッチ(1.5)<14.71>,
オイルパンボルト(1.1)<11>

【エンジンの取外し、取付け】
エンジン取付けボルト(5.0)<49.03>
【クランクシャフト・トランスミッション】
シフトリターンスプリングピン(ボルト) (2.0)<19.61>,
ニュートラルスイッチ(1.5)<14.71>,
タイミングロータボルト(4.0)<39.23>,
コンロッド大端キャップナット(要注意・エンジン破損の恐れあり)
コンロッドが新品(コンロッドにボルト/ナットが付属) (1.0+120°±12°回転)
コンロッドが新品(ボルト/ナットは付属していたものではない) (1.2+150°±30°回転)
コンロッド(再使用品) (ボルト/ナットは新品) (1.2+150°±30°回転)
クランクケースボルトは場所により値が異なるため、文章で説明できません。 ,

ブリーザプレート取付けボルト(1.0)<9.81> マニュアルがあれば間違わずに済みますよ。

(まだ購入できます)

【ZXR250マニュアル記載の標準的なトルクは次の通り】
ねじ径(トルク)で表記しておきます。
M5(0.35-0.50)<3.43 - 4.90>,
M6(0.60-0.80)<5.88 - 7.85>,
M8(1.4-1.9)<13.73 - 18.633>,
M10(2.6-3.5)<25.50 - 34.32>,
M12(4.5-6.2)<44.13 - 60.80>,
M14(7.4-10.0)<72.57 - 98.07>,
M16(11.5-16.0)<112.78 - 156.91>,
M18(17.0-23.0)<166.71 - 225.55>,
M20(23.0-33.0)<225.55 - 323.62>

------------------ コピペここまで -------------------



オイルパンは5.0kg・mとの事で締め付けていきましたが、…「バキッ!」。
やっちまった様子はこちら
上のトルク値はあくまで参考ね。 数値ばかり追っていると危険な兆候を見逃すから注意。

追記:オイルパンボルトは1.1kg・mと判明。訂正。




トルクレンチ購入の際の注意

いつもボルトは適当に締め付けてる私ですが、ヘッドの締め付けはさすがにトルクレンチ無しでは危ないと感じました。
ヘッド弄る予定の方は是非入手してください。 その際には、測定レンジに注意!


< 適さないもの >


▲ このトルクレンチの測定範囲は42~210N・m。 (約4.2~21.0 kg・m)。
締め付けの値を見るとクラッチハブナットは別格として、大体の締め付けトルクは2kg・m前後。 N・mで言うとおよそ20N・m前後ですからバリオスには適しませんね。


< 適していそうなもの >


▲ このトルクレンチは5~25N・m。 (約0.5~2.5 kg・m) 測定範囲がバリオスになかなか適していそうです。



▲ これは7~105N・m、(0.71~10.07 kg・m)。 測定範囲をワイドにカバーしてる。



▲ 安くて壊れにくいニードル式。0~90N・m、物によっては0~200N・mとワイドにカバー。



▲ ラチェットレンチ等に取り付けて使用するタイプ。6~30N・mならなかなか適していそう。



と、まあ、こんな感じで トルクの測定範囲に注意して選ばないといけません。
ホームセンターで安売りしてると思って飛びつくと、あれ、使えないって事に…。



広告

関連:
私はニードル式トルクレンチを選びました。
台湾製ノーブランド ニードル式 トルクレンチ



広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP