『腰上のオーバーホール (1/2)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

腰上のオーバーホール (1/2)

走行 17万数千kmで初めての腰上OH。
腰上ってのはクランクケース(腰下)より上、シリンダーヘッドやシリンダー、ピストンの事。

どのぐらいのタイミングでOHすべきかは距離では一概に言えないみたいだけど
本来は走行 10万km程度でやるべきらしい。



腰上のオーバーホール(1/2) → バルブ外し、カーボン除去、バルブ擦り合わせ

腰上のオーバーホール(2/2) → バルブ組み付け、ガスケット交換、ピストンリング交換、シリンダーホーニング、エンジン始動・走った感想

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 事前の作業

シリンダーヘッドを外します。 詳しくはこちらで → シリンダーヘッドの外し方
シリンダー、ピストンも外します。 詳しくはこちらで → ピストン、シリンダーの着脱

1. ヘッドから部品を外す

1-1. バルブを外す

シリンダーヘッドを外したらタペット、シムは外してどこに入っていたか分かるようしっかり保管

バルブステムエンド

タペットを外すと見えるのが写真の状態。
バルブスプリングに逆らいリテーナーを押し込んで、バルブコッターを外せば、バルブが外せるって仕組み。

リテーナーを押す工具は自作バルブスプリングコンプレッサー。 下手な作りの工具で後々苦労。 既製品でも3000円程度で入手可能なので購入したほうが断然良い。

バルブコッターの外し

(写真左)、
バルブスプリングを押し縮めます。 バルブヘッドを押さえつつ、リテーナーを押し込む。 シリンダーとの合わせ面に傷を付けないよう注意!

(写真右)、
先端が磁石の(-)ドライバーでバルブコッターを釣り上げたところ。 コッターはバルブ1本につき2つ。 これを外すとバルブはスプリングとの繋がりが解けてフリーに。

バルブ外し

外れたバルブ。 インテーク側はカーボンべったり…。 エキゾースト側は乾いているけどカーボンが焦げ付いてる感じ。 全16バルブを外します。 外したバルブはどこに入っていたかわかるようにしっかり管理!

1-2. バルブステムシールを外す

バルブステムシールを外す

バルブステムシールも外します。 オイル下がりが起きないようステムに付いたオイル量をうまくコントロールしている部品です。

バルブステムシールプライヤーなる専用工具がありますが普通のペンチでOK。 外す際にべりっと裂けたり、止め輪がぐにゃっと曲がったりしますが新品に交換するので関係なし。 再使用して問題が出ればOHはやり直し。 基本新品に交換。

1-3. スプリングシートを外す

バルブスプリングの直下に "スプリングシート" なるワッシャーが入ってます。
外そうにも外せなかったので私は終始外さず作業。 洗浄の際などにヘッドをひっくり返したりすると落ちて無くす可能性があるので注意!


2. カーボンを除去

2-1. 洗浄剤に漬け込み

メタルクリーンαで洗浄

こびり付いたカーボンを メタルクリーンα という洗浄剤で綺麗に。

容量13リットルの容器に10リットル分のお湯を入れ、洗浄剤の半分を溶かして漬け込み中。 ヘッド、バルブ、ピストンも入ってます。

このメタルクリーンα、劣化した塗装を侵します。 あとで耐熱塗料でヘッドはペイントしよう。


2-2. ヘッド清掃

シート、ガイドに傷を付けないように

清掃前に注意点。 バルブシート、ガイドの内壁には傷を付けないよう優しく。 割り箸とかナイロンブラシなら大丈夫。 金属ブラシはダメ!

排気ポート

漬け置きを終えると、排気ポート出口付近のカーボンはボロボロと剥がれ落ちました。 カーボンの厚みを測ったらなんと1.5mm。

排気ポート内 バルブガイドのカーボン

バルブガイドの周囲にはまだカーボンがびっしり…。 このままでは気分が良くない。 ドライバーセットに入っていた尖った奴をあてがい、かなづちで叩くと上手く削り取ることができました。

それと、
シリンダーとの合わせ面のガスケットのカスもオイルストーンで綺麗に。
私はかなり後になってやったので清掃が二度手間に。


2-3. ピストン清掃

ピストン オイル逃がし穴

ピストン、シリンダー着脱のところで書きましたがピストンのオイルリングあたりがカーボンでギトギト…。
オイルリングの入る溝には穴があってシリンダー内壁から削ぎ落とした余分なオイルをピストンの内側、ピストンピンの摺動部に逃がす構造になっていますが、その穴が完全に塞がってました

穴は内部で90°に曲がっていたり、カーボンが硬くてかなり苦戦しましたがマチ針1本を潰して何とか貫通、パーツクリーナーを穴に吹いて反対側の穴からプシャー!と綺麗に吹くのを確認して完了。

ちなみにピストンの頭は汚れが落ちやすく、なんら苦労しません。


2-4. バルブ清掃

清掃後のバルブ

吸気側はけっこう綺麗になるんだけど、排気側の焦げ付いたカーボンは落ちませんでした。

バルブガイドとの接触部分、バルブフェイスには傷をつけないよう、(-)ドライバーで適当に削ぎ落としたけど、

今になって思えばコンロの火で赤くなるまで熱すればカーボン焼き切れたか

2-5. ビフォーアフター

カーボンが落ちて綺麗になったヘッド1
カーボンが落ちて綺麗になったヘッド2

だいぶ綺麗になりました。 細かい部分は落ちきらないけど仕方ない。

メタルクリーンαには”防錆成分”が入っているけど、
次の作業まで時間を置くならバルブ、ガイド、シートは念のため錆びないように油を差そう


3. バルブ擦り合わせ

3-0. 使用ツール

たこ棒とバルブコンパウンド

すり合わせはバルブとシートとの密着性を高める作業。 圧縮に関わるところです。

用意するのは写真左の バルブラッパー(たこ棒) と、写真右の バルブコンパウンド

たこ棒は一番小さいサイズの吸盤しか使いません。 バルブコンパウンドは基本、細い方だけ、しかもほんの少量しか使いません。

3-1. すり合わせの作業

たこ棒にバルブを引っ付ける

ひとまず、バルブにたこ棒をくっ付ける。

バルブをガイドに挿入、バルブヘッドにオイルを一滴たらし、たこ棒をギュっと押し込むとこんな感じでくっつきます。

バルブヘッドにカーボンが付着してざら付いてると上手くくっつきません。 その時は紙やすりでがりがりとカーボンを落としてから。

シートにバルブフェイスを叩きつける

バルブフェイスにコンパウンドをちょんちょんと付けて、ステムは潤滑のため注油。 ガイドにバルブを挿入し、ひとまずぐりぐり回してコンパウンドを馴染ませる。

その後バルブを持ち上げ、 シートにカンッと叩きつけるときにクルッとたこ棒を回す。 これを繰り返して当たりを付けて行く。 大体、1本あたり5分ぐらいか?

ステム、ガイドは削っちゃいけないからコンパウンドが入り込まないよう注意!

プロはひとまず回さずに叩きつける作業を繰り返して、コンパウンドの馴染み方を見て現状の当たりの具合を確認したり、 音で仕上がりの具合を判断するらしいんだけど素人にはいまいち良くわかりません…。

当たりが付いてきたバルブ

いったんバルブコンパウンドを綺麗にふき取りました。 すり合わせていくと右のように当たり面が銀色になります。

3-2. 当たりが付いたかチェック 方法2通り

当たりチェック

パーツクリーナーでコンパウンドをしっかり洗い流し、当たりのチェック。

(写真左)、有名なのは光明丹(こうみょうたん)ですが、 はんこの補充朱液 で量的には十分。
バルブフェイスに薄く塗って、シートに(回さず)カンッと打ち付ける。シート側に移った朱液が途切れず綺麗に円になっていれば 当たりが付いてるということ。 写真では矢印の辺りが若干かすれてます。

(写真右)、スパークプラグを締め込み、バルブをガイドに入れ(スプリングなどは付けません)、灯油を満たして漏れないか確認する 方法もあります。 やってみたら漏れました。 すり合わせをやり直してもう一度挑戦しましたが漏れづらくなったものの結局まだ漏れる…。 時間も無いので妥協してOKとしました。 あまり神経質にならなくてもしっかり走ることは間違いないわけで朱液でそれっぽければOK。



腰上のオーバーホール (2/2) に つづく...

広告


広告


広告


広告


-広告-

↑ PAGE TOP