『クランクケースの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

クランクケースの外し方

劣化して伸びたカムチェーンを交換すべくクランクケースを降ろす。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 事前の作業

オイルパンを外す
クランクケースをリフトジャッキに乗せて外すのでエンジンの底を平らにするために外します。

シリンダーヘッドを外す
リフトジャッキで外す場合、一度クランクケースを前方に引き出す必要があるんですが、ヘッドがあるとフレームと干渉して引き出せないので先に外しちゃいます。 重心も低くなって安定するし。


これらの部品を外すとなると、オイル抜いたり、冷却水抜いたり、ラジエーター外したり、マフラー外したり…といろいろやることになります。


1. クランクケースに付いてるものを外す

スプロケ、チェンジレバー

まだいろんなものがクランクケースに付いていて邪魔になります。 外しましょう。

(写真左)、ドライブチェーンを外します。 8mmでフロントスプロケットを外して

(写真右)、ギアのチェンジレバーを外す。 10mmのレンチで。 後は手前に引っ張るだけ。 抜けないからって隙間をこじると摩擦で返って抜けなく なるから潤滑して。 この部品、組み付けるときは角度が少しでも違うと入らない。 つまり外す前に元の角度を気にして印など付ける必要はないって事です。


クランクケース底部

オイルパンを外したクランクケース底部。 リフトジャッキに乗せるのでなるべく平らにしたい。 オイルストレーナーはもちろん外しますがその他も。

(写真左)、オイルラインパイプ。 矢印の3点を引っ張れば外せます。
(写真右)、リリーフバルブ。 出っ張ってるやつです。 14mm??で外します。 けっこう固いです。


コード、コネクターを外す

その他、コードやコネクターを外します。 2,3箇なので大した手間じゃありません。


2. リフトジャッキを下に用意

リフトジャッキをクランクケースの下に用意

(写真左)、一番下にプラスチック板、 キャスター付きのすのこ、 その上にリフトジャッキ。

(写真右)、クランクケースの下に入れてジャッキアップ。 サイドスタンドで立っているのでクランクケースは斜め。 ジャッキとの間に隙間が出来るので木材で隙間を埋めて。

※. 写真ではリフトジャッキを縦長に入れてますが、結局やりづらくて横にしてやりました。


3. エンジンマウントボルトを外す

エンジンマウントボルトを外す

クランクケースは、後部に2本ある”マウントボルト + ナット”でフレームに固定されてます。
14mmソケット、 延長ソケット、 ソケットレンチを使います。 外すときはそれぞれ1個で足りるけど、組み付けるときはそれぞれ2個必要になります。

(写真左)、14mm+延長ソケット、 レンチは柄の長さ5,60cmぐらいが好ましい。 ボルトあるいはナットを緩め、先にナットの方を外しておきます。

(写真右)、クランクケースがリフトジャッキにしっかり乗っていればボルトはスムーズに抜けます。


4. クランクケース外れる

クランクケース外れる

エンジンマウントボルトを上下とも外したらフリーの状態。 しかし、フレームが邪魔でそのままでは横に抜き取れません

(写真左)、ジャッキをゆっくり降ろし、車体を少し後方に動かしたり、場合によっては木材を追加したりしてフレームをクリア、 ”後は横に抜き取るだけの状態 ” を作っていきます。

(写真右)、横に抜き取って完了! キャスターがプラスチック製だったので重みに耐えれずに潰れてしまったけど、下に敷いたつるつるのプラスチック板を滑るようにして引っ張ってこれました。


クランクケース組み付け

組み付け苦戦ポイントは、バイクの傾きにクランクケースの角度が少しでもズレルと上手くマウント部分に収まらないところ。

リフトジャッキ上で木材を使ってクランクケースの傾きを作り、バールで微調整したりして何とか出来ましたが、 メンテナンススタンドはあったほうが良い と感じました。 車体が水平ならば簡単でしょう。

マウントボルトは一本入ればもう一本は高さだけの問題なので楽に入れられます。 締め付けは空回りしないようレンチ2本が必要です。

広告

関連:
クランクケース分解・組み立て
オイルパンを外す
シリンダーヘッドを外す



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP