『左側エンジンカバーの外し方』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

左側エンジンカバーの外し方

左側、オルタネーターのある方のエンジンカバーの外し方。
外す必要が生じることはほとんど無い。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 事前の作業

冷却水を抜く
冷却水の通るパイプをどかさないと外せないボルトがあるので。

オイルは抜かなくても出来ます。 ただ抜いても抜かなくても結局はいくらか垂れるのでオイル受け用意。

1. 2本のコードを外す

オルタネーターからのコード

(写真左)、1本目、フロントスプロケカバーの前、オルタネーターからのコードのうち細いものはここに。
少し抜きづらいけど引っ張るだけで抜けるようになってます。 スプロケカバーは邪魔になるから(8mmT型レンチで)外した方が良さそう。

(写真右)、2本目、車体右のコネクターに繋がってる。 爪を押し込んで抜くだけ。 エアクリBOXは取らなくても出来るはず。

2. ボルトを外す

左側エンジンカバー固定用ボルト

8mmでボルトを外していきます。 赤丸のところは冷却水パイプを外さないと無理な箇所。 パイプはステー部分のボルトを先に外し、引っ張れば抜けます。

ステーが邪魔に

もうひとつの冷却水パイプも邪魔に。 ここも抜いちゃう。

3. 左側エンジンカバー外れる

バールでてこる

ボルトを外したら出っ張った箇所をバールでガバッと。

エンジンオイルが垂れる

ガバッとするとオイルがツーっと垂れる。 上にも書きましたがオイルは抜いても抜かなくてもいくらか垂れるのでオイル受けは必須!

左エンジンカバー外れる

(写真左)、手前に引っ張ればカバーが取れます。 ノックピンは黄色い丸、カバーの左右。
コードが繋がってますが先に接続部分を外してるので問題なしですね。 「接続部分じゃなくてこの根元を外せば良いじゃん」て考えるかもしれませんが奥まっている上に締め付けがきついので返って大変です。

(写真右)、外れました。 ディスクグラインダーなどで磨く場合はコードをカバーの内側にちゃんとしまってやりましょう。 私のようにコードが運転中のディスクグラインダーに絡みつくと余計な手間が増えます。


組みなおすときは逆の手順。 合わせ面をスクレイパーで綺麗にして紙ガスケットは通常、交換です。

広告

関連:
オイルパン、エンジンカバーのガスケット作成



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP