サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-5.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『クラッチ板の交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

クラッチ板の交換

私のバリオスは現在、15万km以上走っていますが特にクラッチが滑ると言うことは無いのでばらして観察。

追記:
 その後、走行20万km弱でクラッチ滑りの症状がちょくちょく現れるようになったのでジャンクエンジンから部品取りした板に交換。 滑りがなくなりました! でも切れが悪くなった…。う~ん。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 右側エンジンカバーを外す

外し方はこちらにまとめてあるので省略します。

2. フタを外す

フタ(正式にはクラッチオペレーティングプレート)のボルトを10mmのレンチで外します。 バネが付いていますが飛び出たりすることはありませんので大丈夫です。

フタの真ん中のロッドを持って外していく。
その際、クラッチ板もフタと一緒にくっ付いて来る。板は手で引き離して、フタだけ外そう。 じゃないと板を地面に落としちゃうから。
あと、ロッドのところにベアリングが付いてるからフタは上向きで置いておこう。 下向きにするとベアリングが地面に落ちて砂が付いちゃう。

3. クラッチ板を外す

フタを外してクラッチ板が見えたら手前に引き抜くだけ。

クラッチ板は手前から、

表面ざらざらフリクションプレート、
表面すべすべクラッチプレート、
表面に小さな穴があるクラッチプレート、
  ・
  ・
  ・
上記の繰り返し、最後(一番奥)はフリクションプレート、全部で13枚です。

4. ハウジング段つき修正

クラッチ板をはめていく前にハウジングの”クラッチ板との接触部分”に段つきがないか確認しましょう。 これがあるとクラッチ板がスムーズに動かずクラッチの切れが悪くなったりします。
段つきは出来れば削って平らに修正しよう。

ジャンクエンジンから部品取りしたクラッチ板に交換したらクラッチの切れが悪いのかギアの入りが渋い。 この激しい段つきが原因と思って修正しました。

オイルストーンを使うのが望ましいのだろうけど段付きが激しすぎて時間がかかる。
なので、ダイヤモンドやすり → 紙やすり → 固形ピカール、と磨いていきました。
全部で24箇所、全て平らに修正。

(…ここまでやったのにまだ渋い感じ。しばらく様子見。)

5. クラッチ板を入れる

新しく注文したクラッチ板は予めオイルを塗っておきます。
フリクションプレートはしばらくオイルに漬けて置くと良いようです。
奥から詰めて入れるので上の方で書いた順番とは逆順に入れていきます。(フリクション, 穴あき, すべすべ…)

最後に入れるフリクションプレートは引っ掛ける場所が違います
赤い矢印のようにハウジングにある凹のなかにプレートの凸がはまる位置で取り付けます。
間違うとクラッチがかなり滑りやすくなります。(経験あり)

あとはフタにもギザギザがあるのでしっかり合わせてきっちり閉めて、ボルト締め付けて完了!
(フタが上手くはまらない時はフタとクラッチハウジングにある丸い合わせマークをチェック。)


その後…

ジャンクエンジンから持ってきたクラッチ板に換えてしばらくはギアの入りが渋い状態でしたが、馴染んできたようでスムーズになりました。

走っていればそのうち馴染みます。

広告

関連:
紙製ガスケットの自作



広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP