『タイヤバルブの交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

タイヤバルブの交換

タイヤバルブとはホイールに付いている突起でタイヤの空気の出入り口になります。
ゴムで出来ているのでいずれは劣化します。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

劣化して空気漏れ、ひとまず補修で乗り切る

劣化で割れたタイヤバルブ

あるときタイヤの空気圧を計ろうとしたら ”プシューー”。 なぜか空気の漏れる音…。

よく観察したらタイヤバルブの根元がぱっくり割れてました!

こいつは買ったときに付いていた物、10年以上使っているので劣化で割れてもおかしくない。

割れたタイヤバルブをボンドで固めた

タイヤバルブの交換にはタイヤを外さなきゃいけないんだけど、タイヤ交換の予定は無いし、そんな事より早く走りたい…。

しょうがないのでひとまずボンドで割れた部分を固めました。

この状態で3,4ヶ月、空気圧もちゃんとチェックしていましたが漏れもなかったし、こんな補修でも何とかなるもんです。


新品タイヤバルブを注文

新品タイヤバルブ

タイヤバルブは汎用品なのでバイク用品店に売ってます。

買うべきは、『 TR412 』です。
これはメーカーの品番ではなく、規格のコードなのでメーカーの違いは考えなくて大丈夫。

チューブレスのバイクのほとんどはこのTR412かな? 四輪だとちょっと背の高いTR413だったりとか。

タイヤバルブ交換

タイヤをホイールから外す

バルブコアを外して空気を抜いてタイヤをホイールから外す。
関連:タイヤ交換とホイールバランス調整(1/3)


タイヤバルブを外す

タイヤバルブを切り取る

表側はカッターで根元を切って…、

タイヤバルブの根元を外す

裏側は穴にペンチを入れてクイッと捻ったら簡単に取れました。


タイヤバルブを装着

新品タイヤバルブを所定の位置へ

潤滑のため新品のタイヤバルブにシリコーンスプレーを噴射。 所定の位置にセット。 でも タイヤバルブのはめ込みは きつくて簡単には行きません

通常は下のような ”タイヤバルブ装着ツール” なるものを使用するらしい…


が、こんなもの無くても出来ちゃいます。



タイヤバルブにナットをはめる

タイヤバルブの裏をドライバーで押し込みつつ、ひたすら手で表側をぐいぐい引っ張ってはめ込む方法もあるようですがかなり苦労してる様子でした。裏から押せばゴムは拡がるからね。

バルブにナットをはめ込んでそれを手掛かりに引っ張れれば良いはずです。
という事で、ホームセンターに行ってみるもピッチの合う物が無い…。

諦めムードの中、ふと思いついたのが
自転車のタイヤバルブ。その根元のナット! これがピッタリ!


タイヤバルブをテコではめる

あとはペンチをナットの下に入れて引っ掛け、テコで持ち上げると、ムクムク…とタイヤバルブが出てきてあっけなくはまりました。 手で傾きを修正してタイヤバルブ交換作業は完了です。 (支点はホイールなので軍手でも噛ませて保護。)


取り付けたタイヤバルブ

交換したタイヤバルブ

タイヤバルブで有名なメーカーは太平洋工業 (写真右)。 フタにPACIFIC☆と書いてあるのが目印です。 今回は中国製と思われるものなので果たして何年持つことやら…。

日本製でも安い部品なのでなるべくそちらを買った方がよろしいかと思います。 下のような見た目の良さを狙った金属のスリーブ付きの物もあるので検討しても良いかも。



中国製 その後…

交換したタイヤバルブ 劣化

ものの数ヶ月、すでに多数のひび割れ
空気漏れはまだ無いですがやはり長持ちしそうもありません。 PACIFICの方が結局は安く済むでしょう。

広告

関連:タイヤ交換とホイールバランス調整(1/3)



広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP