『スパークプラグの交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

スパークプラグの交換

いままで交換したスパークプラグ

バリオスだとスパークプラグの交換時期は6000km~10000kmぐらいかな。
劣化してくるとパワーの低下を感じたり、 低速時にエンジンがスムーズに回らず少しガクガクします。

バリオスは交換が簡単な車種に比べると作業スペースが狭いんですが特別たいへんと言う事はありません。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 用意するもの、事前の作業

スパークプラグ NGK CR9E

NGK CR9E

スパークプラグって言うとNGKが有名。 バリオスが使うのは 『 CR9E 』

箱を空けて紙製の筒(保護帽)が潰れて無いかチェック。 保護帽が潰れてなければプラグギャップ (中心電極と外側電極との隙間) も潰れておらず適正ってわけです。

プラグレンチ + 延長ソケット + ラチェットレンチ

ディープソケットと延長ソケット、ラチェットレンチ

16mmのソケット型のプラグレンチ、延長ソケット(エクステンションバー)、ラチェットレンチ。 これでプラグの着脱ができます。 車載工具があるならそれが一番やり易いと思います。

ラジエーターガードを外す?

ラジエーターガードは外さなくても出来るだろうけど、外した方が楽。 六角レンチとラチェットレンチで3箇所のボルトを外すだけ。


1. プラグキャップを外す

プラグキャップを抜き取る

プラグキャップを外します。 キャップ周辺に小石などがあれば取り除いて綺麗に。 燃焼室に入るとシリンダーが傷ついちゃう。

キャップを摘んで 上方向に「おりゃっ」と引っ張り上げて抜く だけ。 抜けにくい場合は少しだけなら左右に揺すってに引っ張り上げても問題無いし、反時計回りに捻りつつやると抜けやすかったり。

外したプラグキャップは邪魔にならない場所に。


2. スパークプラグを外す

邪魔な冷却水ホース

キャップのはまっていた 穴に ”プラグレンチ+延長ソケット” を入れます。 邪魔な冷却水ホースは指で押して退けて

ラチェットレンチと合体

穴に入れたソケットとラチェットレンチを合体。 反時計回りに回して プラグを緩めます。 ある程度緩んだらレンチを外してソケットを直接つまんで回すと効率良いです。

スパークプラグを抜き取る

緩んだらソケットを取り出し写真のように 再びキャップを入れてプラグを取り出す磁石付きのソケットならこんなことしなくてもプラグを釣れるので便利。


焼け色チェック

とりはずしたスパークプラグ

取り外したスパークプラグ。白っぽい灰色なので焼け色は適正。 外したプラグは何番の物だったか分かるように置いておこう。 他のプラグと見比べて焼け色が均一かチェック、 「ここだけ少し黒いかな」なんて場合ははパイロットスクリューを少し締めこんで微調整したり。

下のようにあまりに黒い場合はトラブルの疑いあり…。

くすぶったスパークプラグ

これらはくすぶったプラグ。黒いでしょ? 歯ブラシで磨いたけどまだカーボンが付着しています。 こうなると電気がリークして始動不良、パワー低下。
混合気が濃すぎるとこうなります。 原因として最も疑われるのはキャブのオーバーフローかな?

低速走行、短距離走行ばかりしてる場合もくすぶるようです。 ある程度回して乗るか、どうしも無理ならより焼け型のCR8Eを。


3. 新品プラグを装着

新品のスパークプラグを入れる

新品プラグを穴に落とす。 ソケットを入れて最初は手で締めます。 いきなりレンチで締めてしまうとプラグが斜めってねじ山の噛み合いがおかしい場合、エンジン側のネジ山を壊しちゃうから。 2,3回転するようなら大丈夫、正常に噛み合ってます。

(基本ねじ山にアンチシーズ、グリスなどは不要です。 メーカーも塗るなって。)


新品のスパークプラグを締め付け

私は感覚で適当にきつく締めてます。 写真のように柄の短いレンチならねじ山が壊れるほどきつく締めてしまう事は無いです。

正式な締め付けトルクはプラグの箱の後ろに書いてあります。
プラグが底付きしてから、新品時は1/2回転、再使用時は1/16回転締め付け。 1度外して再使用する場合はプラグのガスケットがすでに潰れてるのであまり締め付けないってことです。


4. プラグキャップをはめ直す

プラグキャップ取り付け

キャップをはめ直す。 (本当は奥の2番の交換が済んでからはめます。 外側のキャップ付けちゃうと奥の作業が出来ないので。)

両手で上からギュっと押し込めば良いだけ です。 バチンッ!とはまればOK。 簡単に抜けないかチェック。

上手くはまらない場合がたまにあります。 その時はキャップ内に接点復活スプレーなどをプシュッと吹いてやるとはまり易くなります。 どうしてはまり易くなるかって言うと、プラグの頭にはご覧通りネジ山、キャップ内はネジは切って無いんだけど突起があって、 抜け防止にどうもそれらが噛み合う様になっているみたい。 で、そこの摩擦が大きすぎると上手くはまらないので潤滑してやるわけです。

(ここは電圧高いから垂れるほど吹いてしまうと電気がリークするでしょう。 乾かすか拭き取るかして。)



1番プラグの交換作業だけを紹介しましたが 他3ヶ所も同様に交換して完了。 やることは一緒なので省略します。


セットがお得


▲ CR9Eの10本セット。 単品よりセットで買う方がお得
  消耗品なのでたくさん持っていても困りません。 イリジウムはこちら → CR9EIX [4本セット]

TORCH(トーチ)という中国メーカーの安いスパークプラグもありますがNGKと違い、精度が低いようで悪い評判も散見されます。試す場合にはその点に留意。

広告


広告


広告

-広告-

↑ PAGE TOP