サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-55.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『グリップの交換』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

グリップの交換

劣化したプログリップ

振動を軽減してくれるイタリアのPRO GRIPを愛用していますがもう何年も使ってるからへたってるし、汚いし。 運よく6,7年在庫になっていたらしいプログリップを処分価格でゲットできたので交換します。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 新しいグリップを用意

プログリップ

軽微な振動を吸収、疲労感を軽減してくれるPRO GRIP。 MADE  IN  ITALY

バリオスのグリップのサイズは、

貫通タイプ
L = 径:22mm、 長さ:120mm
R = 径:25mm、 長さ:120mm

ゴムなので多少長くても融通は利くと思う。 ワッシャーを使うことでハンドルバーを擬似的に長くすることも可能だし。 作業した感じ、原付用の115mmでも行けるかなと…。 隙間が出来てかっこ悪くなる可能性があるけど。

1. 古いグリップを外す

バーエンドを外す

バーエンドを六角レンチ(5mm)で外します。

グリップを外す

グニグニ動かしながら引っ張って外していきます。 外れにくい場合は潤滑油を吹き付けて。

余談ですが、右側は外すとプラスチック製の筒、スロットルスリーブがあります。 これがある分、右グリップの内径は左より3mm大きいわけです。
このスロットルスリーブ、純正ではグリップとのアッシー。 単品で入手するなら汎用品を。


2. 新しいグリップを装着

これからつけるプログリップ

外径は同じでも内径が違うから潰したときやわらかさが違う。 形状も少し違います。 左右間違えることは無いでしょう。

装着

装着には、 グリップボンド を使用、 …しなくても何とかなる。

滑りが悪くて装着できない場合は、みだりにずれない程度に潤滑してはめ込む。

今回は前回の潤滑油をそのまま利用する形で装着したけど捻るとグリップが動いてしまう。 新しいグリップの内壁をみると、 古いグリップには無かった格子状の凹凸が。 接地面積が小さいから動いちゃうわけだ。 結局、しっかり脱脂して付けました。

追記:脱脂してもまだズレる。 結局、汎用のボンドを塗りたくって固定

ワッシャーで調整

グリップやスロットルスリーブが長すぎるとバーエンドと接触してスロットルが正常に動かなくなります
そのときはワッシャーをかませて隙間を作ればOK。 複数枚かませる場合はボルトの締めすぎ注意。

左側グリップ

左側も同様に。 ちょっとグリップ長すぎた!? と思ったけどかまわずバーエンド付けたら縮んでしっかり装着できました。

作業終わり

グリップが不意にずれてしまわないことを確認したら作業完了。


今回の719タイプはタイヤパターンのような程よい存在感をかもしつつ、黒一色で落ち着いた印象に仕上がり満足!

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP