サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-56.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『ブレーキパッドの交換(リア)』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

ブレーキパッドの交換(リア)

磨り減ったパッド、新しいパッドYAMASIDA

ブレーキキャリパーを覗き込むとパッドの減り具合を確認できます。
これはだいぶ薄くなってギリギリっぽいな。 鉄パッドになるとキーキー異音が鳴ったと思う。出来ればそうなる前に交換しよう。

NTBは飽きたので、ずっと前から気になっていた台湾製のYAMASIDA(ヤマシダ)に交換。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. ブレーキパッドを外す

ブレーキキャリパーを外す

6mmの六角レンチでブレーキキャリパーを固定しているボルトを外します。
マフラーが邪魔ですが ボールポイントレンチなら斜めの位置からでもさくさくっと ボルトを回せます。


ブレーキキャリパーが外れた

ボルトを外したら上に引っ張って外す。 素直には外れないのでおりゃおりゃと。 外れたとき勢いでホイールに手の甲ぶつけるかも、注意。
パッドが減ってるとキャリパー外した段階でピストン側の小さいパッドはポロリと簡単に外れると思う。


ブレーキパッドを外す

大きいほうのブレーキパッドは、ホルダーをギュッと握って奥にひっこめて抜き取る。
今回はキャリパー外した段階で小さい方は外れましたが、これもホルダーをひっこめると外れるようになってます。


磨り減ったブレーキパッドと新品ブレーキパッド

外したパッド、だいぶ減ってましたね。 ギリギリ。 いつも矢印の辺りが一番減ります。
このまま使い続けると下地が見えて、いわゆる ”鉄パッド” の状態に。 ブレーキの効きはむしろ良くなるけどローター側が減っちゃいます。


2. ブレーキパッドを装着

ピストンを押し縮める

キャリパーにはブレーキパッドをローターに押し付けるピストン(緑の矢印)があります。

 パッドが減った分だけ、ピストンは飛び出しています。 このままだと新品のパッドをローターに装着できませんから、 指でぐぅ~と押して、飛び出たピストンを押し縮めます。


ウォーターポンププライヤーで押し縮める

指の力で押し縮められない? それはブレーキフルードが劣化してスラッジが発生してるかもね。
そのときはとりあえずウォーターポンププライヤーで。 キャリパーに傷が付くから実際は布をかませて。
機を見て キャリパーのオーバーホール をした方が良いです。 本来のブレーキフィーリングが復活します。


スプリング

作業中にキャリパーからポロッとこの金属パーツが落っこちてくるかもしれない。 これはパッドを押さえ込むスプリング。
固定されてるわけじゃないので落ちやすいけど定位置にセットし直せばOK。 向きを間違わないように!


ブレーキパッドを装着(大きい方)

ブレーキパッドを装着していく。 まずは大きいほう。 ホルダー縮めて突起部分を穴に通す。


ブレーキパッド小さい方

ブレーキパッドの小さい方は、ホルダーと凹凸を合わせる形でセット、固定します。


ブレーキパッド小さい方を装着

下から入れて 上にちょっと押し込んで、凹みにはめる。 ホルダーが引っ込んでる場合は手前に少し戻して。
スプリングの位置が悪いと上手く入らないから無理に押し込まないように。


ブレーキパッド装着完了

こんな感じでブレーキパッドが装着されます。 パッドでローターを挟むように元の場所にセット。


キャリパー固定

ボルトをぎゅっと締めこむ。 ブレーキを何回か掛けてピストンを押し出したらひとまず完了。

走る前にブレーキが間違いなく効くことを確認。 走り回ったあとボルトに緩みがないか確認 して、本当の作業完了です!


整備初心者にも難しくない作業ですがブレーキは重要部品です。 問題が発生しても最悪、前後どちらか一方が効くように 前後同時期の交換作業、オーバーホールは避けましょう。


フロントブレーキも形状は違うけど同じ方式なのでやり方は同じです。

ブレーキパッドの種類

・シンタード (メタル)
金属粉を固めた奴。 べスラのを1,2度使用しました。 効きは良い。 パッドの減りも少ない。 価格ちょっと高い。
雨天時問題なし。 ローター攻撃性は高め。 一度や二度でローターが目に見えて擦り減ったりしないけども。
デイトナ ゴールデンパッドなんかもこのシンタード系。

・オーガニック (レジン)
金属粉を使ってない奴。 昔はアスベストを使ってましたが最近はノンアスベスト。
NTBのを何度か使いました。 効きが悪い。 パッドの減り少ない。 価格安い。 少なくともNTBは雨に弱い。
ローター攻撃性は低い。 今回のYAMASIDAもこのレジン系。

・セミメタル
オーガニック(レジン)に分類されるが金属をいくらか混ぜてる。
赤パッドを何度が使いました。 効きが良い。 パッドの減りが早い。 価格少し高め。 雨天時問題なし。
ローター攻撃性はそれほど高くない。 デイトナ赤パッド、ハイパーパッドなんかがこのセミメタル。


街乗りやツーリングならセミメタルがお勧めかな? コスト重視ならレジン。
シンタードはローターへの攻撃性が気掛かり。 長く乗るならやめておいた方が良いかなと。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP