『4連キャブの連結を解く』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

4連キャブの連結を解く

キャブのオーバーホールの方ではバラバラにしませんでしたが、 どうも1,2番キャブの繋ぎ目からガソリン漏れるのでバラすことに。 ひとまず練習に予備のキャブをばらすか。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 固定プレートを外す

ネジザウルス先生も歯が立たず

ネジザウルスでも無理

以前も書いたけど、固定プレートを外そうにも、
ここのネジがとんでもなく硬くて外れない。

ネジザウルス先生なら何とかなるかと思ったけど少しなめた…。


ディスクグラインダーでネジの頭を飛ばす

ディスクグラインダーー

錆びたり、焼き付いてる場合は別だけど、ネジの頭を飛ばしてしまえば座面の摩擦がなくなって簡単に回し取れます。
ステンレスを削るディスクをチョイス。 作業開始。 ちなみにドリルでも出来る作業です。

ネジの頭を飛ばした

豪快に火花と鉄粉を飛ばしながら…、こんな感じで全ての頭を飛ばしました。

プレート外れた

プレートはマイナスドライバーでこじったらパコッと外れました。

残ったネジは簡単に回った

あまりにも固いネジだったので焼き付いてるんじゃ…と思ったけど頭飛ばしたらすんなり回る! これで関門突破!


2. 固定ボルトを外す

長いボルトを外す

ここに長いボルト、反対側のナットで4つのキャブを締め付けてます。
8mのレンチを2つ使って供回りを防ぎつつ普通に外して抜けばOK。


3. スターターレバーを外す

スターターレバーを外す

チョーク…、厳密にはスターター。 そのレバーを外します。
穴は4つあるけどネジは2つ、3つしかないはず、それが正常です。

普通に(+)ドライバーで外し、レバーはつまんで取ればいいだけ。
一つのネジに付き、レバーをはさんで2つのワッシャー があるから失くさないよう注意。


4.連結が解けてバラバラに

4連キャブがバラける

あとは引っ張れば外れます。 特にコツもいりません。

キャブ繋ぎ目のバネ

注意点としてはここの小さなバネ、バラすとき、またはバラしたあとにポロッと落ちて失くしやすい。


5. Oリングのサイズ

Oリングサイズ

Oリングは劣化していましたが注文せずに予備のキャブからパーツを取って何とかしました。

新品が手元に無いし、精密なノギスも無いのではっきりとは言えませんがサイズは以下の通り。

, Oリング取り付け部分の径が7.5mm。
  Oリング内径は6mm~7mm未満(6.5mmとか、6.8mmとか?)、太さは1.5mmだろう。
  リング2つ×部品2つ = 計4つ使用

, Oリング取り付け部分の径が6mm。
  Oリング内径は5.5mm、太さは2mm。 劣化が少なかったので正しく計れたと思う。
  リング2つ×部品2つ = 計4つ使用

, Oリング取り付け部分の径が7.5mm。
  Oリング内径は6mm~7mm未満(6.5mmとか、6.8mmとか?)、太さは1.5mmだろう。
  リング4つ×部品1つ = 計4つ使用

いずれもガソリンに触れるのでフッ素Oリングを。 ②は動かない所なので固定用、他は運動用Oリング。 純正Oリングは1つ200円前後と高め。  ③番は樹脂パーツとのアッシーしかなく1220円。

追記:太さはいずれも1.9mmかもしれない。Oリングの規格と照らすとそうなる。


6. 組み立て

プレートに4つのボルト

プレートを合わせたときに気付いたんだけど、キャブとプレートがきっちり水平じゃないんだ。

この状態で取り付けるとプレートが反る、その反発力がネジ座面に掛かり緩まなくなるんだろう。

次回の分解を考え、締め付けはボルト4つを軽く締めるだけにしました。


余談. ガソリン漏れの原因はクラックでした

クラック

今回のガソリン漏れ、てっきりOリングの劣化だと思っていたけどクラックからでした。 そう言えば長すぎるネジを間違えて締めこんだな…。 ここはネジ穴が貫通してるから。

パテで充填

メタルパテをこねこね、ぺたぺた…。 綺麗に補修できた。 硬化後、漏れがないことを確認!

広告


広告


広告


広告


-広告-

↑ PAGE TOP