『キャブレター 同調の調整』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

キャブレター 同調の調整

バタフライバルブ

バタフライバルブの開度を調整、バランスを取る作業。 車体に組み付けて行います。
(バタフライバルブってのは矢印の所、蓋みたいなやつ。スロットルと連動して開く。)

長々アイドリングする事になるから迷惑にならないよう、ひと気の無い所でやると良いよ。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

0. 用意するもの、作業概要

0-1. 用意する工具

用意する工具一式

1. バキュームゲージ(負圧計) (必須)
本当は4連バキュームゲージがベストだけど1個だけでもOKだ。 作り方 こっち

2. (+)ドライバー (必須)
これでバルブ開度調整ネジを回す。 作業スペースが狭いので柄の短いものを。

3. (-)ドライバー、ペンチ
負圧ホースを外すんだけど奥まっているし、抜けづらい。  ペンチで引っ張ったり、(-)ドライバーでこじる。

4. ブレーキパッドとか
車体を垂直に立てて作業する必要がある。 これをスタンドの下においてバイクを垂直に起こす

あ、あと軍手。


0-2. 作業の概要

開度調整ねじ

ネジでバルブ開度を調整し、バキュームゲージの計測値を揃えていく という作業です。

それぞれのネジは 隣り合うバルブの開閉具合を担当 していて、 一方のバルブを開くともう一方は閉じる 構造になってるので、

具体的な流れとしては、まず、端から。 #1,#2 と #3,#4 をそれぞれ調整。 その後、真ん中。 ここは#2,#3ではなく、(#1,#2)と(#3,#4) の開度の調整になります。
これで、(#1 = #2) = (#3 = #4) となる。

1. 同調を取る

1-1.あらかじめの作業

パイロットスクリューの戻し量は統一しておいて。あと 暖機


1-1. バキュームゲージ装着

負圧ホースを外す

バキュームゲージを繋げる場所は インマニ(キャブホルダー)から出てる 負圧ホースのところ。全部で4箇所外します。

ホースは硬化してると着脱が難しい。 ペンチで引っ張って、隙間が出来たら(-)ドライバーでこじったりしてみて。 外れたらシリコーンススプレーで潤滑、これで次回の着脱がスムーズに。


ホース装着

負圧ホースを外した4箇所ににバキュームゲージのホースを接続。


バキュームゲージ装着完了

装着完了! 車種によっては燃料タンクを外さないと出来ないみたいだけどバリオスは付けたままでOK。 だからガソリンサブタンクなんかは必要なしだ。

あとは、フューエルコックをPRIに、 スタンドの下にパッドでも敷いて 車体は垂直に立てる

アイドリング調整スクリューで高めに調整

んで、エンジンスタート。 作業中エンストしないよう アイドリングはちょっと高めに


2-2. #1と#2の同調を取る

ゲージ直下の通路選択

エンジンを掛けるとゲージの針はせわしなく動く。 ゲージ直下のコックを 絞り込んで針を安定させる

(#1,#2)の方から作業しますか。こちらのコックは水平にして開き、 (#3,#4)の方はコックはひねって閉じておく。


通路を切り替えて値を見る 通路を切り替えて値を見る

末端のコックで#1, #2、それぞれの経路を交互に開閉、
ゲージの指す値に差異があれば、開度のバランスを取ります。

事前に#1~4の開度を目視で揃えている場合は、値に大きな差は出ません

だから、「ここだけあまりにも低い」 なんて場合は、"二次エア吸ってる" かも、 または "圧縮に問題がある" かも。 その問題を解決しないことには負圧計の値で同調を取っても良い結果にはなりませんよ。


キャブ前方から開度調整

#1,#2の調整ネジは、1番キャブと2番キャブの間。 柄の短い(+)ドライバーを突っ込む。
あまりプラグキャップを強引にかき分けないようにね。 感電するよ

圧力計の値とバルブの関係

ゲージの値が例えば、#1 > #2 の場合、 #1は左の状態、 #2は右の状態。
ドライバーを左に回せば#1のバルブは開き、#2のバルブは閉じられ、それぞれはの値は近づくことになる。

ま、そんなことは考えず、
調整ネジを右か左か適当に回してゲージの値が同じになるようにしていけば良い。

一気に大きく回さず、時計で言うと5分、10分ぐらいの量を目安に。

調整ネジを押し込むとバルブが開いて吹け上がるんだけど、 開いたバルブがしっかり戻らなかったりするので ゲージを再びチェックする前に、スロットルをスナップ。


2-3. #3と#4の同調を取る

#3,#4の同調調整

#1,#2のゲージの値が同じになったら、#3,#4も同じ要領で値を合わせる
ゲージ直下のコックの開閉パターンを逆にして、末端のコックで#3,#4を交互に開閉、ドライバーで調整。


2-4. (#1,#2)と(#3,#4)の同調を取る

末端ゲージ全開 #1,2 #3,4 通路を切り替えて値を見る

最後は末端のコックは全開、 ゲージ直下のコックを交互に開閉して、(#1,#2) と (#3,#4) をキャブの真ん中の調整ネジでバランス取り、これも同じ要領だね。

これで、#1=2=3=4 になりました。作業完了です!

負圧計を使った同調は意味がない!?

プロでも意見分かれる

いまさらだけど、この負圧計を使った同調の作業、プロでも必要性の認識が異なる

ある人は、『キャブOH後の仕上げの作業だ』 と言う。
一方で、『キャブを外さず出来る簡易作業にすぎない、同調は目視で取れ』 との意見も。

目視で取るべき理由

後者の言い分としては、ポート長、熱の持ち、クリアランスの差で、気筒ごとに負圧はそもそも均一でない。 だから これを元にバランスを取っても結局バルブ開度はバラつく よと。

確かにその通り。 じゃあ何故バランス調整機構がわざわざ付いてるの?
キャブの加工精度のバラつきをユーザー自身で吸収するため?

実際どっちでもOK

多くのレーシングキャブで目視で取る方法がマニュアルに記載されているらしいが、
バキュームゲージを使うこの方法も多くのサービスマニュアルに記載されている方法…

どっちを信じるかは自由。私は直近は目視だけで均一に取りました。 実際この方法で十分。

広告


広告


広告


広告


-広告-

↑ PAGE TOP