『メーターギアに注油』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

メーターギアに注油

矢印がメーターギア。
ホイールの回転をスピードメーターケーブルに伝える役割をしています。 ケーブルのことは気にしてもメーターギアのことは忘れがちじゃないかな?

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. 放ったらかすとこうなる

メーターギア内では2つのギアが噛み合って動いてます。
放ったらかしてグリスが乾いてしまうと激しく摩耗します。
左が正常なギア、 右が摩耗してダメになったギアです。

ギアがダメになると走行中スピードメーターは針がブレまくり、その後0km/hを指したままになります。 回転の伝達が途切れるからです。


部品交換は基本メーターギアASSYで。 メーターギアは部品が圧入されているから摩耗したギアだけって言うのは難しいです。

1. メーターギアへ注油

車体左、フロントタイヤ中央にメーターギアはあります。 プライヤーでケーブルを外して…

ケーブルが刺さってた穴に注油。 ケーブルを元に戻して、おわり。 これだけ。

エンジンオイルぐらいの粘度のグリスを使いました。 注油が楽、 ただし滲むけど。

高粘度のグリスの場合はホイールを外さないと塗布は無理。 メーターギア本体は引っぱれば簡単に外れるけど、見ての通り非常に狭い部分に塗り込むことになるので面倒。

2. 5-56はNG!

KURE 5-56は高粘度のグリスを溶かす上、乾きやすいので使用しない。

広告


広告


広告

↑ PAGE TOP