サイト移転しました。http://motorcycle.guy.jp/s-8.html
 1秒後にリダイレクトされます。

『オイルポンプの仕組み』 KAWASAKIバリオスのメンテナンス

オイルポンプの仕組み

エンジンの底に溜まったオイルをこのポンプが吸い上げて各部を潤滑します。 スクリューの様なもので吸い上げるのかと思いきや何か変な形・・・。

※ 整備はサービスマニュアルに頼らずやっているので参考程度にご覧ください。


- 広告 -

1. オイルポンプの仕組み

1-1. 変わった形

ウォーターポンプの奥

ウォーターポンプのボディーを外すと奥から出てくるのがオイルポンプ。 てっきりスクリューみたなもので吸い上げてると思ってたんだけど。

1-2. オイルの経路

オイルの経路

オイルの経路をざっと書くと、オイルパンの底からオイルポンプで吸い上げて、オイルフィルターへ、 そこからクランクのしゅうどう部などに送られる、と言う流れになっています。

オイルは右の穴から左の穴へ

星のような形をした2つのローターを外すと左右に穴。
右の穴はオイルパンに、左の穴はオイルフィルターの方へ向かっていますからオイルの流れは右から左。(中央の穴はシャフトの通る穴)

ローターを装着して回すと、軸と一緒に手裏剣型のインナーローターが回り、それに伴ってアウターローターも回る。下で詳しく・・・

2-2. 仕組み, 回る様子

GIFアニメ 回るオイルポンプ

GIFアニメを見ると分かるとおり、右側で徐々に空間が生まれ、左側でそれが徐々に狭まるという繰り返し。 左側から右側へ戻る時には空間は完全に潰れてます。

つまり、右から左への一方通行。
左の穴は供給されるばかりだから圧を生じ、経路にオイルを押し流す。
右の穴は供給するばかりだから負圧が生じるので、オイルパンの底からオイルを吸い上げることが出来ると。 すごい仕組みだなぁ…。

2. 傷が油圧を低下させる

ジャンクエンジンのオイルポンプ

ウォーターポンプボディ裏側の傷

写真はウォーターポンプボディの裏。 溝ができてる。
オイルストレーナーで除去しきれなかった金属片をオイルポンプが噛み込んでしまうとこういった傷が付くらしい。

ローターとクランクケースの傷

ローターや、ローターの納まる部分にも傷。

アウターとインナーの隙間

各部の接触面の傷、すき間の程度も油圧に影響するらしい。


隔離されるべきオイルポンプの左右の部屋が傷によって繋がってしまう。 圧が逃げてしまうわけだ。 以上はジャンクエンジンから取ったパーツの写真でした。

現役エンジンのオイルポンプ

17万km走行ウォーターポンプ

17万km以上走った現役エンジンのオイルポンプ。 傷はあるものの比較的浅かった。 これで問題が出たことは無い。 傷がどこまで看過されるのかは素人にはさっぱりです。

広告


広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP